撮影ポイント:八丈島

64件の投稿があります。

アカエソ

砂地などではよく砂の中に埋もれていることがあり(エサでも近づいてくるのを狙ってるのかな?)頭の上半分だけを砂から出してい ・・・

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠 ・・・

アカマツカサ

おっきなオーバーハング(洞窟みたいなところ)に群れでいたうちの一匹に焦点を合わせ、撮り、画像処理によって周りに写っていた ・・・

アマミスズメダイyg.

恐らく奄美地方で見つけられたか何だかで、このアマミスズメダイって名前になったんだと思います。食べてみたら甘味があって美味 ・・・

イシガキフグ

針がついてるフグの中では最もよく見かけるヤツだと思います(日本にでは)。 イシガキフグは針以外にも気をつけなければならな ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れる ・・・

イソコンペイトウガニ

コンペイトウと言うお菓子をご存知でしょうか?伊藤実次さんが会社のコンペをしている時に好んで食べたお菓子で、コンペ伊藤から ・・・

イソバナガニ

イソバナと言うのは、この写真に写っている海中に生えるサンゴの一種です(赤い枝みたいなの)。で、そこに生息しているカニだか ・・・

オランウータンクラブ

実際の名称はまだ無く正確には「クモガニの一種」だそうですが、マレーシアとかにいる元祖オランウータンクラブとは絶妙にどこか ・・・

カガミチョウチョウウオ

カガミチョウチョウウオ・・・網目模様の美白の肌がヒカリモノかと思われるほどのフラッシュの反射をしてくるところから、言い得 ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャ ・・・

カシワハナダイ

八丈島のナズマドというポイントでカシワハナダイがぐっちゃりと群れてました。「ぐっちゃり」という表現がここまで似合う時って ・・・

カンムリベラ

まだ写真を始める前ですが、幼魚は伊豆で何回か見てました。とてもかわいいヤツです。 成魚もオスを見た事があります。頭がモコ ・・・

キタマクラ

ダイビング初日。それまで海水浴しか知らなかった私は、ビーチエントリーで魚が見れるとは正直思っていませんでした。それが海に ・・・

キビレマツカサ

尾鰭(おひれ)・背鰭(せびれ)・腹鰭(はらびれ)が黄色いので、このような名前になったようです(単純ですが・・・)。この鰭 ・・・

キホシスズメダイ

卵を守っている時のスズメダイというのは、ホントにウザったいほどに凶暴な魚です。まじでコッチの顔に向かって突っかかってきま ・・・

キンチャクガニ

このカニが手にはさんでいるものはご存知のように、イソギンチャクのようです。しかも不思議なことに、この手についているイソギ ・・・

クモヒトデ

岩場・礫場で石をひっくり返すと5割くらいの確率でいるヒトデです。トカゲみたいに触手を切り離すのでも有名です。 いやそれに ・・・

クロスジウミウシ

前々から、前々から申している通りウミウシはあまり好みの範疇ではないのですが、被写体として「動かない」コレに勝る被写体はな ・・・

クロヘリイトヒキベラyg.

深場(30m以深)にいるそこそこレアな魚らしく、ベラフェチなる民族の間では垂涎の的な存在ということを後で知りました。 い ・・・
スポンサーリンク