タグ:「共生」

27件の投稿があります。

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠 ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れる ・・・

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビって、名前のわりにイソギンチャクに居ついていることが少なく、岩の上とかにいることが多いような気がする ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタ ・・・

オニハゼ

伊豆でよく見るのはダテハゼですが、頭だけ出ているところを見るとこのオニハゼもダテハゼに見えてしまいます。首から少し下くら ・・・

オランウータンクラブ

実際の名称はまだ無く正確には「クモガニの一種」だそうですが、マレーシアとかにいる元祖オランウータンクラブとは絶妙にどこか ・・・

オレンジフィンアネモネフィッシュ

和名が付けられていないクマノミの仲間です。日本のクマノミとは名前のごとくヒレがオレンジ色なところが違いだったような気がし ・・・

カクレクマノミ

ファインディングニモで爆発的に全世界に知れ渡ってしまいましたが、我々取材班は先取って、まさに先撮りしていたわけでございま ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャ ・・・

ギンガハゼ

銀河の果てならぬ銀河のハゼ・・・ギンガハゼ。 そんな光の彼方の遠くから地球を救いにやってきた救世主と言うよりは、極悪人と ・・・

キンチャクガニ

前回撮影した↓のキンチャクガニは片腕がもがれて、イソギンチャクを片手でしか持っておらず痛々しい写真ではありましたが(痛々 ・・・

クサハゼ

口先がちょっとピンボケてしまっていますが、泥地のハゼで有名なクサハゼです。一部マニアの間では「泥地の貴公子」というあだ名 ・・・

クマノミ

これが多くのダイバー・ノンダイバーをひっくるめて大人気のクマノミです。海中の絵を描かせるとイルカの次くらいに頻繁に出現し ・・・

クマノミyg.

クマノミの幼魚の大きい図鑑写真(真横からの写真)をアップしていなかったので、今更ながら再アップです。 しかし、魚っていう ・・・

ソメンヤドカリ

貝殻にイソギンチャクをつけるという変わった習性をもつヤドカリです。 ソメンヤドカリが身にまとうイソギンチャクというのは、 ・・・

ダテハゼ

どこでも見かけるダテハゼですが、じっくり見ると背びれに青い点とかが入っていてなかなか綺麗でないかと。 綺麗は言いすぎかと ・・・

ダテハゼyg.

ダテハゼのチビスケです。ちっちゃい時は目が黒いのかと思っていましたが、別にそうでもなさそうです。。。 もしや別種?とすこ ・・・

トゲトサカテッポウエビ

いやもうホントね、指してもらってるガイドさんに申し訳ないって感じ一杯の写真です。 で、トゲトサカテッポウエビはトサカの栄 ・・・

ニシキテッポウエビ

中心には来ていますが、背景と同化しちゃっていて完全にネジリンボウの方に主役が持っていかれてしまっている写真ではあります。 ・・・

ネジリンボウ

砂場のアイ魚ルネジリンボウです。 ダイビングを10年以上やっていても、見れるとわかれば見にいってしまうとても不思議な魅力 ・・・