タグ:「共生」

25件の投稿があります。

アカホシカクレエビ

透明でなかなかピントが合ってくれなくて陸に上がって確認してみる度にボツ写真がたまっていましたが、アカホシカクレエビを苦節3年写真を ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れることなく撮 ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタミ大統領が ・・・

オニハゼ

伊豆でよく見るのはダテハゼですが、頭だけ出ているところを見るとこのオニハゼもダテハゼに見えてしまいます。首から少し下くらいまで、体 ・・・

オランウータンクラブ

実際の名称はまだ無く正確には「クモガニの一種」だそうですが、マレーシアとかにいる元祖オランウータンクラブとは絶妙にどこか違ってるら ・・・

オレンジフィンアネモネフィッシュ

和名が付けられていないクマノミの仲間です。日本のクマノミとは名前のごとくヒレがオレンジ色なところが違いだったような気がします。それ ・・・

カクレクマノミ

ファインディングニモで爆発的に全世界に知れ渡ってしまいましたが、我々取材班は先取って、まさに先撮りしていたわけでございます(オソマ ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャクエビの場 ・・・

ギンガハゼ

銀河の果てならぬ銀河のハゼ・・・ギンガハゼ。 そんな光の彼方の遠くから地球を救いにやってきた救世主と言うよりは、極悪人という面構え ・・・

キンチャクガニ

このカニが手にはさんでいるものはご存知のように、イソギンチャクのようです。しかも不思議なことに、この手についているイソギンチャクは ・・・

クマノミ

これが多くのダイバー・ノンダイバーをひっくるめて大人気のクマノミです。海中の絵を描かせるとイルカの次くらいに頻繁に出現します。まあ ・・・

クマノミyg.

成魚の写真と合わせたアップしている写真の枚数から見ても分かるように、クマノミって言うのはなんとなく可愛いので、いつも必ず撮ってしま ・・・

ソメンヤドカリ

貝殻にイソギンチャクをつけるという変わった習性をもつヤドカリです。 ソメンヤドカリが身にまとうイソギンチャクというのは、どうも決ま ・・・

ダテハゼ

どこでも見かけるダテハゼですが、じっくり見ると背びれに青い点とかが入っていてなかなか綺麗でないかと。 綺麗は言いすぎかと思いますが ・・・

ダテハゼyg.

ダテハゼのチビスケです。ちっちゃい時は目が黒いのかと思っていましたが、別にそうでもなさそうです。。。 もしや別種?とすこーし甘い期 ・・・

トゲトサカテッポウエビ

いやもうホントね、指してもらってるガイドさんに申し訳ないって感じ一杯の写真です。 で、トゲトサカテッポウエビはトサカの栄養をチュウ ・・・

ニシキテッポウエビ

中心には来ていますが、背景と同化しちゃっていて完全にネジリンボウの方に主役が持っていかれてしまっている写真ではあります。。。 この ・・・

ネジリンボウ

砂場のアイ魚ルネジリンボウです。 ダイビングを10年以上やっていても、見れるとわかれば見にいってしまうとても不思議な魅力を持ってい ・・・

バブルコーラルシュリンプ

和名がないということで、日本にはいないヤツかと思いきや、沖縄とかにもゴロゴロいるらしいです。 バブルコーラルシュリンプはその名のと ・・・

ホタテツノハゼ

一つ断っておきますが、こちらシルエットクイズではございませんよ。 撮影距離は遠いし、だから色飛んでるし、画像粗いし、とダメを押せば ・・・
スポンサーリンク