ポーキュパインレイ

ポーキュパインレイ
撮影日:2013/09/14
撮影ポイント: 海外 サイパン

ポーキュパインレイ、和名がありません。まあサイパンで見た魚なので日本ではまだ未確認なのかもしれません。

特徴としては、エイの仲間では珍しく背面に無数のイボイボがあるという事でしょうか。(普通はつるっとしている)
ポーキュパイン(porcupine)という言葉を調べてみたところ「ヤマアラシ」ということで、なるほどこのイボイボがヤマアラシの棘に似て・・・ってかなり無理があるでしょ。イボと棘だと。

もう一つの特徴としてはデカイってことですかね。

比較物が無いので大きさ分かりにくいですが、この写真の奴で横幅1メートル以上はあったかと思います。

砂の中に埋まっていたのに、何かの拍子に覚醒してしまったらしく、目の前でいきなり1メートル級の生物が砂の中からバタバタと現れたので、超絶びっくりしたのはここだけの話。

スポンサーリンク
  • ネムリブカネムリブカ 昼間は激しくおとなしいサメです。名前の通り寝てるんですね。 […]
  • ナヌカザメナヌカザメ 大体1メートル強くらいのナヌカザメでした。ナヌカザメ自体は […]
  • ドチザメドチザメ 千葉県伊戸のシャークスクランブルというポイントで大量に群れ […]
  • ネコザメネコザメ まだまだチビっこい30センチくらいのヤツですが、伊豆ではこ […]
  • ヘリゴイシウツボヘリゴイシウツボ 南洋系のウツボですね。特にこれといった特徴もないのですが、 […]
  • コモンヤドカリコモンヤドカリ ちょっと時間が空きましたので、だいぶ以前から撮り溜めていた […]
スポンサーリンク