撮影日: 2020年10月

10件の投稿があります。

ウイゴンベ

時おり泳ぎ回ってもいましたが、基本なぜか着底して動かないウイゴンベ(おそらく)でした。 各種図鑑にも浮遊するゴンべという紹介のされ方(逆にいうとそれ以上に特徴が無い)だったので、オキゴンベか?とも思いましたが、顔先が丸い ・・・

キツネベラyg.

キツネベラの幼魚って、イメージは黄色と黒の阪神タイガース(虎柄)の魚ってイメージが合ったんですが、写真にしてよくよく見てみると、あんまり黄色きいろしていないんですね。 どちらかというと赤ピンクというか。 でも海の中ではか ・・・

シコクスズメダイ

四国のスズメダイなのでしょうか?名前の由来がはっきりと明記されているものを見つけられなかったので、正直わからないですが、まあ四国なんでしょう。 一昔前までは伊豆ではあまり見かけない死滅回遊魚的な存在だったんですが、温暖化 ・・・

スジハナダイ

↓の10年前に撮ったスジハナダイと一緒のようなアングルですが、もちろん別物です。撮った場所も違いますし。 ただ、この伊東にいたスジハナダイは今まで見たスジハナダイよりも、と言いますか過去に見たあらゆるハナダイの中でダント ・・・

タキゲンロクダイyg.

ビックリマンの悪魔的存在と言ってほとんど興味がそそられていなかったタキゲンロクダイの成魚ですが、その子供に対するクオリティも同じような程度で、親子で興味ない魚なんだなと再認識しました。。 生体としては判別付くレベルですが ・・・

ノコギリハギ

かなりミニミニサイズな通称「マメノコ」と言われているノコギリハギの小さい子です。 yg.(幼魚)扱いで別ページにしようかと思いましたが、ノゴギリハギの場合、幼魚と成魚の区切りが無いんですよね。 そもそも写真じゃ大きさ伝わ ・・・

ハクセンスズメダイyg.

「見たことが無いスズメダイの幼魚がいる!!」 と息巻いて粘って撮っていたのですが、めっちゃ臆病で穴の中に入ったり出たりを繰り返しで、なんとか全身をまともに撮れたのがこの一枚くらいでした。 見たこともない魚の全身が撮れたこ ・・・

ヒメゴンベ

ミナミゴンベ・サラサゴンべ・ヒメゴンベってパッと見一緒で、頭がぼーっとしている海中では見分け付かないんですが、写真を撮って陸で冷静になった時の見分け方としましては、 尻尾に模様が無い ⇒ミナミゴンベ 尻尾にまだら模様があ ・・・

ヘラヤガラ

もうね、尻尾のあたりとかの形状を見るかぎり、完全に剣ですね。 ドラクエとかに出てくる鳥山明先生が描かれる剣ですよ(呪われている系の)。 岩に刺さった伝説の(呪われた)剣を抜き出してみたら、変な顔が付いていた。勇者ビックリ ・・・

ルリハタ

↓の悲劇の顔出しNG写真(どんな芸能人だよ)から苦節18年。 ずっと気になっていて、伊豆海洋公園の2の根に行く時に見かけることもあったのですが、シャイなのですぐ隠れちゃったり、遠くにいたりでなかなか撮れなかったんですよね ・・・