チョウチョウウオ科

31件の投稿があります。

アケボノチョウチョウウオ

色々映り込んでしまっていますが、今回の主役は真ん中にいる黄色いチョウチョウウオです。 普段潜っている伊豆の方の海では、死滅回遊魚として4~5センチくらいのアケボノチョウチョウウオの幼魚をたま~に見かけたりするのですが、南 ・・・

イエロークラウンバタフライフィッシュ

グアムでは水深35メートル付近で時々見られる世間的にもかなりレアな魚だそうです。顔が半分しか写ってませんが。チョウチョウウオマニアからは絶大な支持を受け、海水魚屋では1匹50万円くらいで売られているのだとか。顔が半分しか ・・・

カガミチョウチョウウオ

カガミチョウチョウウオ・・・網目模様の美白の肌がヒカリモノかと思われるほどのフラッシュの反射をしてくるところから、言い得て妙な名前の魚です。 体の部分だけフォーカスされて見せられた「この魚はコハダとかクロダイとかそっち系 ・・・

カスミチョウチョウウオ

ちょっと中にハタタテダイも混じっていますが(マダラタルミらしきものも)この写真の中で圧倒的な比率を誇っているのがカスミチョウチョウウオです。 深いブルーの中で数百匹のカスミチョウチョウウオの群れを見るのは結構感動的なので ・・・

シラコダイ

成魚では幼魚と違って、色がだんだんと白くなっていきます。白子の本領発揮です。(本当か?) シラコダイの幼魚は黄身がかっているというか、橙色というかなのですが、成魚につれてこの写真のように薄れてきます。それとあわせて、背び ・・・

シラコダイyg.

シラコといえば普通は、フグの卵巣を思い浮かべるはずです。白子という名の大正生まれのお婆ちゃんでも構いません。なのに何でこんな名前をつけられたのでしょうか???(なにが「なのに」なのか良くわかりませんが) 外観はいたってチ ・・・

スミツキトノサマダイyg.

私の中ではこの角度(前方)から撮った写真は、魚として分かりにくいだけじゃなく、面白味もないので処分するのですが、この写真だけは別格でした。 笑える! なんだか知りませんが、笑えます。なんでしょう、このバカっぽい口と不気味 ・・・

タキゲンロクダイ

微妙にピントが甘いのでしっかり同定するできていないのですが(最近こればっか)、顔の後ろの黒い模様がVの字になっているのでタキゲンロクダイでいいと思います。 まあ、はっきりいってあまりタキゲンロクダイに興味は無かったんです ・・・

タキゲンロクダイyg.

ビックリマンの悪魔的存在と言ってほとんど興味がそそられていなかったタキゲンロクダイの成魚ですが、その子供に対するクオリティも同じような程度で、親子で興味ない魚なんだなと再認識しました。。 生体としては判別付くレベルですが ・・・

チョウチョウウオ

the普通種のtheチョウチョウウオ。チョウチョウウオ科の代表ともなっている魚であります。 が、写真としては酷い出来栄えで、正直アップしようかどうか悩むところではあったのですが、図鑑サイトを名乗っている以上普通主こそ載せ ・・・

チョウチョウウオyg.

○○チョウチョウウオではなく、単なる元祖theチョウチョウウオです。 チョウチョウウオの仲間は数え切れないぐらいあって、和名の無いやつも含めると私の知っている中だけでも5~60種類はいるのではないかと思います。(日本で見 ・・・

チョウハン

二者択一を迫られているような名前ですが(長か半か)、かの目覚ましテレビの後ろにもかつて登場していた綺麗なチョウチョウウオの仲間です。目覚ましテレビに映っていたチョウハンは一体いつ処分されたかとても気になりますが、それ以外 ・・・

ツノハタタテダイyg.

ツノハタタテダイの幼魚なのですが、そもそもハタタテダイってツノ(角)っぽいよねと思うわけですが、まあそれは学者さんとかの方で料理していただければと思います。 私トミヤマがこの魚で料理したい部分としては、塩焼きや干物と言っ ・・・

テングチョウチョウウオ

ガイドに結構珍しいといわれたチョウチョウウオです。ガイドは親切にもスレートに名前を書いて教えてくれたのですが、なんて特徴のないチョウチョウウオなのですぐに名前を忘れて、後日友人に教えてもらいました。 チョウチョウウオマニ ・・・

トゲチョウチョウウオ

マブールにいた外国版トゲチョウチョウウオです。外国版と名打って見ましたが、特に違いは無いと思います。 日本版に比べて「色が濃い」・「体中央部が黒い」・「妙にトゲが鋭い」といった感じはあります。 「色が濃いのはレタッチのせ ・・・

トゲチョウチョウウオyg.

完全に南方系としか思っていなかったトゲチョウチョウウオなのですが、伊豆にもいました。 大きさから言って全然幼魚ですが。大きさ的に10センチないくらい。ソラスズメダイと同じくらいといった方が分かりやすいかもです。残念なこと ・・・

トノサマダイyg.

チョウチョウウオをあまり知らない私でも知ってるほど、どこにでもいる魚だと思います。 まあ、チョウチョウウオっぽくて黒いブラックホールがあって顔に黒の線が入っている真黄色の魚と、特徴が多いので覚えやすかったです。 た~だ~ ・・・

ハクテンカタギ

名前に付いているカタギが何を意味しているのか。“一般人”という意味ではないような気がしますが・・・。 名前はさておき、私の中ではユウゼンと双璧をなす地味なチョウチョウウオという事になっています。た ・・・

ハシナガチョウチョウウオ

伊豆にはいない南の島限定の魚です。いや、もしかしたら間違って流れてくることがあるかもしれませんが。海は繋がってるんです! ・・・とそんな力説は置いときまして、ハシナガチョウチョウウオのクチバシは細い隙間とかにいるカニとか ・・・

ハタタテダイ

以前アップしたムレハタタテダイとの違いは単独行動か,ムレ行動かで分けると心に決めたので、この写真のヤツは単なるハタタテダイです!(言い切り) しかし、ハタタテダイって言いにくいです。ハタタテダイ・ムレハタタテダイ・ハタタ ・・・