撮影日: 2007年12月

4件の投稿があります。

イヤゴハタyg.

ハタの幼魚が異様に多かった2007年において、普段見ないけど良く見た魚No1がこのイヤゴハタの幼魚だったような気がします。 この年に多かったハタ科の種類は大型化するヤツでして、どれも獰猛な肉食類。と言うことはこの年は、ハ ・・・

カケハシハタyg.

ミジンベニハゼと一緒に住んでいたという異色の経歴をもつ魚です。ハタの仲間なので、マハタしかり、かなり獰猛なのに同居していたというのは、魚界でのベジタリアンみたないものなんでしょうか?私が出会った時は、ミジンベニハゼの住処 ・・・

ヒッポスコルパエナ・フィラメントサ

2007年年末、大瀬崎を大きくにぎわせていた生物がいました。それが、この学名「ヒッポスコルパエナ・フィラメントサ」ローマ字で書くと「Hipposcorpaena filamentosa」。正直舌を噛みそうで、ソラでは決し ・・・

メジロダコ

メジロダコの特徴は吸盤が白く見えるところにあるのですが、はっきり言ってこの写真じゃわからないんですよね。。。 潜る前にショップの方から、貝殻に入ったメジロダコがいますよっていう情報のみで同定しているので(おいおい)イイダ ・・・