ハタ科-ハタ亜科

10件の投稿があります。

アカハタ

粗い画像で申し訳なさいっぱいなのですが、個人的にはちょいとビックリしたのでアップしました。 何がビックリしたって、自分の知っているアカハタと全く違った色合いだったのにアカハタだったということです。 何かのハタ科の魚だろう ・・・

アザハタ

絶妙なタイミングで、目の部分にイシモチ形の小魚が入ったせいで目が異様にでかくてキレのある魚に見えてしまいます(そうでもない・・・?)。まあ、コレも狙って撮ったわけでして日々自分の実力に磨きがかかっているのかと思うと、この ・・・

イヤゴハタyg.

ハタの幼魚が異様に多かった2007年において、普段見ないけど良く見た魚No1がこのイヤゴハタの幼魚だったような気がします。 この年に多かったハタ科の種類は大型化するヤツでして、どれも獰猛な肉食類。と言うことはこの年は、ハ ・・・

オオモンハタ

多分80センチくらいの、私が見たことのあるオオモンハタの中でもかなり大き目のオオモンハタでした。伊豆で80センチといったら結構な大きさで、このくらいの大きさであと良く見るやつといえば、アオブダイぐらいでしょうか。 ちなみ ・・・

オオモンハタyg.

前回↓の2007年の写真の奴よりはもう一回り成魚に近づいた中成魚前半ってステージですかね。 幼魚のページに入れるか成魚のページに入れるか少し迷いどころでしたが、中成魚の後半っぽいのが成魚のページに居たので幼魚のページの方 ・・・

カケハシハタyg.

ミジンベニハゼと一緒に住んでいたという異色の経歴をもつ魚です。ハタの仲間なので、マハタしかり、かなり獰猛なのに同居していたというのは、魚界でのベジタリアンみたないものなんでしょうか?私が出会った時は、ミジンベニハゼの住処 ・・・

クエ

伊豆海洋公園の通称クエ穴付近で穴から出てきていたのかどうかはわかりませんが、ふてぶてしく寝ていました。 目は閉じないので、寝ているのかどうか定かではないですが。 大きさはおそらく7~80cm級で、もしコイツを釣ったとした ・・・

ツルグエ

水深でいいますと、だいたい40メートルくらいですかね。 初め岩穴から顔だけひょこっと出してて、この色合いじゃないですか 「うわっ、泳がない変なハナダイがいる」 って思ったんですね。調度この写真の様に、正面を向いてまして、 ・・・

マハタ

おそらくこの幼魚のように立派な食育を経て大きくなったであろうマハタの成魚でございます。 成魚は初めて見たのですが、結構な大きさ(30センチくらい)でちょっとビックリしました。何がビックリしたかというと幼魚のときの模様のま ・・・

マハタyg.

夜空に輝く摩天楼という異名を持つ魚です。それはマンハッタンです。結構苦しいです。 さて、ハタ幼魚の当たり年であった2007年の西伊豆では、この摩天楼こと(まだ言う?)マハタが西伊豆のあちこちで見ることが出来ました。個人的 ・・・