撮影日: 2008年11月

10件の投稿があります。

ウツボの一種

海の中でこいつを見た時は、結構デカイ・色合いがtheウツボと違う(茶色っぽい)ということで、図鑑に載っていたドクウツボとかゴマウツボとかその辺じゃないかなと、うっすらとした記憶を頼りに撮っておいたのですが、ドクウツボとか ・・・

カミソリウオ

赤色のカミソリウオです。 伊豆では、この赤茶色の個体と緑の個体(前回撮影時)をよく見る気がします。そして、これも曖昧な記憶でしかないのですが、緑色の個体の方が大きいような気がしますね。 成長すると赤茶から緑に変色するのか ・・・

キンセンイシモチ

最近知ったことなんですが、日本で見られるキンセンイシモチには2種類あるらしくて、この写真のヤツは「ライン型」と言われるやつなんだそうです。「ドット型」のやつと比べる(ドット型にも書きましたが) ・からだの一番下のタテジマ ・・・

コウイカ

数年前に私トミヤマが書いた「イカとタコの見分け方」に書いたとおりのtheコウイカがいました。まさに甲がシマシマ。 でも甲がシマシマって言うのは「威嚇状態」なわけでして、威嚇対象ってもしかして自分?すまん、イカ。略してスイ ・・・

サザナミヤッコyg.

3年前の前回は、暗いところで多分ISOを高めに設定していたせいか?かなり画像の粗い画だったので、ちょっと残念だったのですが、今回はそこそこ光の届くところにいてくれたので、個人的にはまあ満足の行く物が納められました。ひさ~ ・・・

スジオテンジクダイ

<追記> この度(2013年3月)スジオテンジクダイという名前に命名されたそうです。 テンセンイチモチでなくて良かった(笑) 以下撮影したときはキンセンイシモチドット型と呼んでいました。 ~~~~~~~~~~ 伊豆で見る ・・・

タテジマキンチャクダイyg.

バックのスズメダイの大きさと比較しても分かるように(進撃の巨人みたいw)、1円玉サイズの幼魚オブ幼魚です(笑)。 模様は白と黒だけのツートンカラーなので、まだ青みがかった感じはなく、若干地味ではありますが、しっかりとウズ ・・・

ホンベラyg.

下の写真より幾分かマシな写真が撮れました(^^; でも下のやつよりは少し育ったステージになるかと思います。下のやつが「ド幼魚」でこの写真のやつは「まぁ幼魚」みたいな。 いつも適当に名前を付けていますが、たいてい一期一会で ・・・

ミツボシクロスズメダイyg.

伊豆で見られるのミツボシクロスズメダイ幼魚は本当に豆粒みたいなのが多くて可愛らしいです。 同じイソギンチャクと共生するクマノミに比べると数は少ないような気がします。 凶暴な(笑)成魚は見られないので、ミツボシクロスズメダ ・・・

ワカウツボ

ワカウツボって世間的には「黒地に黄色い斑紋模様」って表現されているんですね。自分は「黄色地に黒い網目模様」だと思っていました。視点が逆なんですね、だまし絵みたい(笑 なんで模様の話になったかと言いますと、ワカウツボの特徴 ・・・