タテジマキンチャクダイyg.

タテジマキンチャクダイ幼魚
撮影日:2008/11/08
撮影ポイント: 伊豆半島 伊豆海洋公園

バックのスズメダイの大きさと比較しても分かるように(進撃の巨人みたいw)、1円玉サイズの幼魚オブ幼魚です(笑)。

模様は白と黒だけのツートンカラーなので、まだ青みがかった感じはなく、若干地味ではありますが、しっかりとウズマキ模様を醸し出しているところには誇りを感じます。

スポンサーリンク
タテジマキンチャクダイ幼魚
撮影日:2002/10/13
撮影ポイント:高知県柏島

やっぱり綺麗ですね幼魚は。↓の写真では見れなかったウズマキ模様がはっきり見えると思います。

タテジマキンチャクダイの幼魚は模様もさることながらこの色合いも私は好きです。教会のステンドグラスのような妖艶さがあります。成魚にはないけど。。。

スポンサーリンク
タテジマキンチャクダイ幼魚
撮影日:2001/10/07
撮影ポイント:高知県柏島

「被写体は前・か・ら・撮・る・な!
これ基本ですね。おばあちゃんにも教えられました。大事なウズマキ模様が消えちゃってます。

通称「ウズマキ」の名でアクアリストたちにも大人気な魚です(幼魚だけ)。

まあ、確かにレアだし青と白のコントラストが絶妙で人気が高いのもわかります。海水魚ショップで買うと3000~4000円ほどで販売してるので、まあ飼って(買って?)みるかという風にもなります。

でも、成長するとあんなキモチ悪い顔つきの割とでっかくて邪魔な魚になるなんて知らずに買った人は「なんてサギな魚なんだ!」って思うこと間違いなしです。店によっては「ウズマキ」って名前で売ってるとこもあるけど、成長するとウズマキじゃなくなるし・・・。

と、なんか批判的に書きましたけど私は大好きですこの魚(幼魚だけ)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク