撮影日: 2006年9月

7件の投稿があります。

アミメハギ

何も知らなかったあのころ(いつだよ?)、アミメハギはカワハギの子供だと思ってました。 しばらくして、あるお方にアミメハギは大きくなってもせいぜい6~7cmのアミメハギという種類だということを知らされたとき、「誰かが品種改 ・・・

イバラタツ

イバラタツなんて南の島とかに行かないと見れないのかと思っていて、マブールでピントの合わない写真しか撮れなかったことを相当後悔していたのですが、日本にしかも伊豆にいました!ビバ伊豆! 早朝一番で潜りに行って「いる」と言われ ・・・

オビアナハゼ

オビアナハゼはそこそこ自由に動き回るし、そんなにスピードがトロくさい魚でもないんですが、相性がいいのかピントが良く合います。ピントが合うことに喜んでいては何の進展もないのですが。。 そしていつものごとく何もいじることがで ・・・

コノハガニ

コノハガニは固体によって、”木の葉”をつけている量が違ったりするのですが、写真のコノハガニは大量にまとっていました。 が、大量なだけに動くと返って目立っていました。コノハガニは下のヤツも含めてどう ・・・

ハナハゼ

ハナハゼといえば、このヒゲのような尻尾が特徴的で、数さえ少なければ大人気種間違いなしだったんですが、いかんせん数は吐いて捨てるほどいますので、誰も振り向いてはくれてません。 かく言う私も、男と言う数さえ少なければ女性に大 ・・・

ヒラニザyg.

伊豆ではヒラニザは死滅回遊魚だったことを初めて知りました。幼魚だということは認識していたのですが成魚も同じ様な魚かと思っていたら、全然違う黒いヤツでした。確かに伊豆では見ないなぁ。 死滅回遊魚と知って、ヒラニザを見るお得 ・・・

ブダイyg.

多分、ブダイの幼魚だとは思うのですが、正直この種の幼魚の標本とかデータがなかなか見当たらず、多分そうなんだろうなぁ程度でしか分からないです。 学者もわからない幼魚の世界に、一素人ダイバーで一サラリーマンで一漫画好きである ・・・