クロユリハゼ科

10件の投稿があります。

アケボノハゼ

洋のヘルフリッチ:和のアケボノと私の中では位置付けられているレアでとても綺麗なハゼです。撮影場所は海外ですが。。。  ただ、アケボノハゼは深場にいるためよっぽど海が綺麗でないかぎり、光が多く届かないため、胸元から尾っぽに ・・・

オグロクロユリハゼ

グアムに行ったときに始めて認識した魚で南方系の魚なんだなと思っていたのですが、その後ホームグラウンドである伊豆で潜ったときに結構良く見かけて、拍子抜けしました。まあ、伊豆でも秋にしか見ないので死滅回遊魚なんでしょうが。 ・・・

クロユリハゼ

この名前から、なんか美人お姉さまを想像しますよね。ハゼのクセにって感じになっちゃいます。 でもハゼのクセに、頻繁に宙を泳ぎまわっているんですよね。だからハゼのクセに写真の撮りずらいこと撮りずらいこと。 でもってハゼのクセ ・・・

クロユリハゼの一種

SPというのは、簡単に言えば「~の一種」みたいなもので、和名がまだ付いていない魚でございます。 でも和名が付いていない割には、結構そこかしこにいたような気が。もしなんだったら私が付けてあげてもいいかなとも思ってるんですが ・・・

スジクロユリハゼ

深い場所にいて、綺麗で、レアで、警戒心が強くて、隠れるまではほとんど動かない、etc.とマクロ被写体としてのタイトル総なめをしているアイドル魚です。略して「アイ魚ル」。 このアイ魚ルという名称検索しても出てきませんでした ・・・

ゼブラハゼ

南洋系のハナハゼといった感じでしょうか。どちらかというとハナハゼの方が南洋系のような気がしないでもないですが。。。 まあ、身体がシマシマと言うとことで、ゼブラ(シマウマ)だそうです。こういう形状の魚は甘辛く煮付けて焼いて ・・・

ハタタテハゼ

ハタタテハゼは、南の島に行くと結構そこかしこにいます。伊豆なんかでもちょくちょくいるみたいです。(伊豆じゃあ結構レアだから、人が群がりますが…) ここ柏島にも結構な数がいました。その中でも、写真の彼(彼女?)達はひとつの ・・・

ハナハゼ

ハナハゼといえば、このヒゲのような尻尾が特徴的で、数さえ少なければ大人気種間違いなしだったんですが、いかんせん数は吐いて捨てるほどいますので、誰も振り向いてはくれてません。 かく言う私も、男と言う数さえ少なければ女性に大 ・・・

ハナハゼyg.

なにやら見慣れない魚がいるなと思って、軽く記念撮影したわけですが、色々特徴を見てもどれも当てはまらず、そばにいたのがハナハゼでしたので、ハナハゼの幼魚なんじゃないかなぁと思います。 しかし幼魚とは言え、ハナハゼの代名詞と ・・・

ヒメユリハゼ

リベンジかというと、それほどでもない写真です。 背びれアタリの色が何とか撮れた&顔が写っている・全身が写っているというごくごく当たり前の状態というだけです。面白みは一切無いです(^^;) ちゃんと撮ったらもっと綺麗なのか ・・・