スジクロユリハゼ

スジクロユリハゼ
撮影日:2016/11/16
撮影ポイント: その他日本 高知県柏島

深い場所にいて、綺麗で、レアで、警戒心が強くて、隠れるまではほとんど動かない、etc.とマクロ被写体としてのタイトル総なめをしているアイドル魚です。略して「アイ魚ル」。
このアイ魚ルという名称検索しても出てきませんでしたので特許とりたいと思います。イマイチ響きが情けないとか言わないように。

で、実際に柏島でお目にかかれましたので撮影したわけですが、ごらんの通り一番きれいな鰭(ひれ)が閉じちゃってます。深いから長居するわけにも行かず、警戒心が強いからライトも当てられず。つーかあの深さ(-45m)で息止めてホフク前進して近寄るなんて余裕あるかっちゅうの。多分私には、この魚は見て楽しむ以上のことは出来ないと思います。。。

スポンサーリンク
スジクロユリハゼ
撮影日:2016/11/16
撮影ポイント:高知県柏島

そんなレア物のスジクロユリハゼがペアでいるもんですから、目移りしてしまってどっちにカメラ向けたらいいのか。

鰭を開く瞬間を狙って一匹に焦点を当てるともう一匹が鰭開いたりなんかして。

いわゆる盆と正月が一緒にやってきたけど休み取れず状態でした。

スポンサーリンク
  • アケボノハゼアケボノハゼ 洋のヘルフリッチ:和のアケボノと私の中では位置付けられてい […]
  • ホタテエソホタテエソ 水深45メートルで見たホタテエソです。 前々から見た […]
  • フリソデエビフリソデエビ くしくも、前回撮影した極小フリソデエビから調度1年後、上の […]
  • ハタタテハゼハタタテハゼ ハタタテハゼは、南の島に行くと結構そこかしこにいます。伊豆 […]
  • クロユリハゼクロユリハゼ この名前から、なんか美人お姉さまを想像しますよね。ハゼのク […]
  • クダゴンベyg.クダゴンベyg. クダゴンベの幼魚かと思います。成魚と見た目が変わらないので […]
スポンサーリンク