ハゼ・ギンポの仲間

96件の投稿があります。

アオマスク

アオマスクと言うのは俗称らしく、正式和名は無いそうです(サンゴアマダイの仲間とかなんとか)。 しかし、青とmaskってなんでしょうこの折衷的な名称は。。。漢字で言うと重箱読み(すごい久しぶりに思い出した言葉です)みたい? ・・・

アカイソハゼ

アカイソハゼは最近命名されたようで、しばらく不明種として人に名前を聞いていました。そこでの聞き方が、 「ギンポ系の魚だと思うのですが、全然わかりません。顔がひょうきんで好きなんですが。。。」 ・・・ギンポ系って。思いっき ・・・

アカオビシマハゼ

内湾性のところにひっそりと潜む地味なハゼです。この時はたまたまガイドをつけていたので、名前が判明しましたが、セルフダイビングだったら一生お蔵入りのハゼだったでしょう。 イチモンジハゼに似ていますが、体の線が2本あるのでニ ・・・

アカハチハゼ

アカハチハゼってせいぜい大きくなっても7~8センチくらいだと思っていたのですが、この写真のアカハチハゼは15~20センチくらいの大きさでした。(水中なので正確にはわからないですが・・・) ということは今まで見ていたのって ・・・

アカヘビギンポ

詳しいところは良く分からないのですが、普通のヘビギンポとはちょっと違うのかな。顔の下部が黒っぽくて、青いメタリックな星が散らばめられているので、通称赤ヘビってダイバーには言われているヘビギンポの一種なんだと思います?(断 ・・・

アカホシイソハゼ

伊豆海洋公園でのダイビング中にふと目に留まったイソハゼです。 当初アカイソハゼだと思っていたのですが、妙に透明感があって明るいなと思い(どこのファンデーション使っているのみたいな)、ちょいちょい調べてみたら、アカホシイソ ・・・

アケボノハゼ

洋のヘルフリッチ:和のアケボノと私の中では位置付けられているレアでとても綺麗なハゼです。撮影場所は海外ですが。。。  ただ、アケボノハゼは深場にいるためよっぽど海が綺麗でないかぎり、光が多く届かないため、胸元から尾っぽに ・・・

アワイロコバンハゼ

いわゆる矢野本と呼ばれる図鑑で1種-2で紹介されている魚でしたがアワイロコバンハゼという和名が付いたようです。 色々見極める点はあるようなのですが、目から胸鰭までに水色の筋が5本あるのと、体側に白い斑紋が続くのが特徴のよ ・・・

イソギンポ

穴から顔出しにらめっこ系のなかで、イソギンポはどちらかと言うと可愛くないなと思ってしまいます。 鼻の下がビローンと伸びきっている辺りとか、仏頂面なあたりとか、なんとなく愛らしさが無いです。 でも、そんなに可愛くは無いので ・・・

イチモンジハゼ

前回↓で「横から撮ってみたいなぁ」ことを書いていましたが、正直なところイチモンジハゼなんて穴から出てくるような生き物、そんなやつじゃないよなと思っていました。 しかし、そんなある日の伊豆海洋公園、 「そんなやつ、いた!w ・・・

ウロハゼ

ウロハゼは主に汽水域(川と海が混じって通常の塩分濃度よりも低い海域)に生息するハゼで、普通のダイビングではなかなかお目にかかれないというので見てきました。 まあ、地味でしたね。 そして模様がなんか汚い。 シュンカンハゼを ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタミ大統領がどうのとか言うわけではなく、ただ単に思いついた事を書いただけでした。まあ、なかなか綺麗な模 ・・・

オウゴンニジギンポ

オウゴンニジギンポに特徴って、目の後ろに黒い線がビヨ~ンと入っているのが有名ですが(ビヨ~ンかどうかはさておき・・・)、こちらの写真の奴はそれが見当たらないんですよね。 写真自体を引き延ばしているので画像が粗いって理由も ・・・

オオガラスハゼ

毎度毎度これがガラスハゼとどこが違うのかということを悩んではいますが、最近では雰囲気ベースになってしまっております。。 ホソガラスハゼは「日本のハゼ」という日本で見れるハゼ470種を掲載しているある意味オバケ図鑑の情報で ・・・

オオメハゼ

名前からすると大きな目が特徴なのかなと思っていたのですが、学術的にはいっさい目の事には触れられておらず「胸鰭の付け根に2つの赤い斑紋があることが特徴」といった目とはかけ離れたところに焦点が言っていました(笑) 確かに目の ・・・

オオメハゼの一種

図鑑に載っていたオオメハゼとすごく似ていたので、オオメハゼかもしれないのですが、なんとなく違うような。。。まあ、海外ですし、日本にいないヤツかもしれないので、「一種」ということで。 あ~でも名前をつけるとすると、ベニハゼ ・・・

オキナワハゼの一種

本来なら淡水と海水の境目である汽水域に生息するヤツなのですが、バリバリ海水域に生息していたのでミスジハゼなのかどうかちょっと半信半疑です。ですが、特徴的にはミスジハゼそのものって感じで、もしもミスジハゼなら相当レア(絶滅 ・・・

オグロクロユリハゼ

グアムに行ったときに始めて認識した魚で南方系の魚なんだなと思っていたのですが、その後ホームグラウンドである伊豆で潜ったときに結構良く見かけて、拍子抜けしました。まあ、伊豆でも秋にしか見ないので死滅回遊魚なんでしょうが。 ・・・

オトメハゼ

雄でもオトメハゼ。 このいじり方は結構いろんな方面で使ってますので(ヒメ~とか、ヨメ~とか、ムスメ~とか)流石にもう良いだろうと心の善の部分が告げているのですが止められません。 オトメハゼは砂地に生息していまして、住処の ・・・

オニハゼ

伊豆でよく見るのはダテハゼですが、頭だけ出ているところを見るとこのオニハゼもダテハゼに見えてしまいます。首から少し下くらいまで、体が出ていると「お、オニハゼじゃん」と少し嬉しくなった気分になります。何でしょうこの気分?恋 ・・・