撮影ポイント:八丈島

78件の投稿があります。

アオウミガメ

八丈島の海はウミガメをほんとによく見ることができます。 初ダイブした時はやはり珍しいので、みんなキャーキャー言いますが、3ダイブ目くらいになると当たり前に良すぎて誰も気にする人がいなくなります(笑)。 人慣れもしているの ・・・

アカエソ

砂地などではよく砂の中に埋もれていることがあり(エサでも近づいてくるのを狙ってるのかな?)頭の上半分だけを砂から出していることが良くあります。 この状況を見て当人(魚)は隠れてるつもりだと思うのですが、私達人間様から見ま ・・・

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠れているのかと思って拡大したり、同じ個体の他の写真を舐めて見てみたのですがそれらしき個体はおらず、1 ・・・

アカマツカサ

おっきなオーバーハング(洞窟みたいなところ)に群れでいたうちの一匹に焦点を合わせ、撮り、画像処理によって周りに写っていた仲間を除外し、画像を回転させてUPしたら、死んだ魚の写真みたいになっちゃった。 これじゃあ、釣り上げ ・・・

アマミスズメダイyg.

恐らく奄美地方で見つけられたか何だかで、このアマミスズメダイって名前になったんだと思います。食べてみたら甘味があって美味しかったからという理由でない事を祈るばかりです。 ただ、この写真は八丈島で撮ったので、地名を名前に入 ・・・

アンコウウバウオ

非常に写真だとわかりづらいのですが、中央にいる黒っぽいにょるっとしているのがアンコウウバウオです。左を向いていて頭の部分が白いのがアンコウウバウオの特徴だそうです。 ハシナガウバウオに比べて、ウバウオっぽいフォルムと動き ・・・

イシガキフグ

針がついてるフグの中では最もよく見かけるヤツだと思います(日本にでは)。 イシガキフグは針以外にも気をつけなければならないのは、このちょっと締まりの無い口です。ほんとよだれでもたらしそうな勢いですが、噛み付くとそれは大層 ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れることなく撮影することが困難なんですよね。。 この時なんかは、うまく外におびき寄せたなと思った刹那、海 ・・・

イソコンペイトウガニ

このイソコンペイトウガニは、これまた一際小さいトゲトサカに住み着いていました。 人間で言えば六畳一間といった具合の感じでしょうか。 まあ、一時期私も六畳一間的なところに住んでいたこともありましたが。。。 うん、でもよくよ ・・・

イソバナガニ

イソバナと言うのは、この写真に写っている海中に生えるサンゴの一種です(赤い枝みたいなの)。で、そこに生息しているカニだから、こんな名前がついています。 でも思うのは、たまたまイソバナガニが居着くのがイソバナが多いだけで、 ・・・

イットウダイ

↓の10年以上前の更新の時には、イットウダイとテリエビスの違いで背びれの白い線が・・・という話をしていたのですが、なんとテリエビスにも白い線が入っているって言うじゃないですか。(入り方に微妙に差があるらしいですが) じゃ ・・・

オオメハゼ

名前からすると大きな目が特徴なのかなと思っていたのですが、学術的にはいっさい目の事には触れられておらず「胸鰭の付け根に2つの赤い斑紋があることが特徴」といった目とはかけ離れたところに焦点が言っていました(笑) 確かに目の ・・・

オランウータンクラブ

実際の名称はまだ無く正確には「クモガニの一種」だそうですが、マレーシアとかにいる元祖オランウータンクラブとは絶妙にどこか違ってるらしいのですが(忘れた)、そんなモン知ったこっちゃありません。 実際の大きさが3~4cmくら ・・・

カガミチョウチョウウオ

カガミチョウチョウウオ・・・網目模様の美白の肌がヒカリモノかと思われるほどのフラッシュの反射をしてくるところから、言い得て妙な名前の魚です。 体の部分だけフォーカスされて見せられた「この魚はコハダとかクロダイとかそっち系 ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャクエビの場合ですと、この人間のしょぼんだ男性器(失礼)みたいなイソギンチャクに住み込んでいることが多 ・・・

カシワハナダイ

八丈島のナズマドというポイントでカシワハナダイがぐっちゃりと群れてました。「ぐっちゃり」という表現がここまで似合う時ってのも少ないですね。阪神優勝した時の道頓堀くらいぐっちゃりでした。 そのぐっちゃりの中で、少し深場だっ ・・・

ガラパゴスザメ

伊豆八丈島の名物ポイント「ナズマド」。 この日私たちの狙いはニタリだったんです。 ゆうてもダイビングで見れるサメの種類なんてたかが知れているので、見たらだいたいわかるつもりだったんですが、暗がりの中からゆっくり出てきたシ ・・・

カンムリベラ

まだ写真を始める前ですが、幼魚は伊豆で何回か見てました。とてもかわいいヤツです。 成魚もオスを見た事があります。頭がモコッと出て、とても勇ましいヤツです。 でも写真に収められたのは、もっとも変哲の無いメスの成魚でした。 ・・・

キタマクラ

ダイビング初日。それまで海水浴しか知らなかった私は、ビーチエントリーで魚が見れるとは正直思っていませんでした。それが海に入った途端「ふ、ふぐがいる~!!!」と感動したのは今でも覚えています。ソラスズメとともに私をアンダー ・・・

キビレマツカサ

尾鰭(おひれ)・背鰭(せびれ)・腹鰭(はらびれ)が黄色いので、このような名前になったようです(単純ですが・・・)。この鰭が黄色いのは結構レアなようです。なんでもこの八丈島とか小笠原近辺にしかいないとかなんとか。。。 ただ ・・・