テナガエビ科

12件の投稿があります。

アカスジカクレエビ

アカスジカクレエビってちっちゃくて透明なので、写真にしても輪郭がどの辺なのかいまいちよくわかりません(笑) 足とかどうなっているんですかね。 いっそのこと体全部透明にすればよかったのに、歌舞伎役者ばりに赤と白で模様を主張 ・・・

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠れているのかと思って拡大したり、同じ個体の他の写真を舐めて見てみたのですがそれらしき個体はおらず、1 ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れることなく撮影することが困難なんですよね。。 この時なんかは、うまく外におびき寄せたなと思った刹那、海 ・・・

オシャレカクレエビ

この目のぐにゃっとした感じが蝶ネクタイみたいでおしゃれってことでこの名前が付いたとか付かないとか、と言う話を聞いたとか見たとかな感じで、かなりあやふやなソースですが、そんな感じだそうです。(適当・・・) ↓ではバルタン星 ・・・

オドリカクレエビ

たまたま通りかかった砂地にいました。こういった類のエビはイソギンチャクにいるものと思い込んでいた私は、これは絶対抜け殻だと思いましたので、通り過ぎようとしたら。モゾモゾ動いてるじゃないですか!でも底揺れにゆれているだけだ ・・・

カゲロウカクレエビ

狙って見つけたわけで無く、たまたま見つけたという感じで、正直小さくて透明で宿主もシロガヤ(軽い毒がある)で撮ろうかどうか迷いましたが、運よくピントが合ってくれたので、一枚だけ。 で、絶対こんなヤツ「標本して種として認めら ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャクエビの場合ですと、この人間のしょぼんだ男性器(失礼)みたいなイソギンチャクに住み込んでいることが多 ・・・

クリアクリーナーシュリンプ

この写真の中にはクリアクリーナーシュリンプが2匹いるのがお分かりだろうか。 心霊写真の紹介みたいになりましたが、一匹はウツボの手前の岩の上にいるのと、もう一匹はウツボの右目の上にいます。 名前の通り、他の生物の体から微生 ・・・

コールマンズシュリンプ

イイジマフクロウニという結構きつい毒を持ったウニに生息しているため、写真で近づいて撮るのにビクビクしていたわけでありますが、綺麗な模様のエビなんで苦労した甲斐がありました。 この模様ウニのトゲと同じ模様なわけで、見つけづ ・・・

バサラカクレエビ

バサラって戦いの神様の名前なんですよね。 いや、カクレちゃだめでしょ神様(笑) まあ、この体がボコボコして筋肉質なのは武神っぽくもありますが、ゆうても2~3センチくらいの大きさなんですよ。レンズ越しに見ないと形がいまいち ・・・

バブルコーラルシュリンプ

和名がないということで、日本にはいないヤツかと思いきや、沖縄とかにもゴロゴロいるらしいです。 バブルコーラルシュリンプはその名のとおり写真の「ミズタマサンゴ」の中に生息していています。おそらくミズタマサンゴは隠れ家として ・・・

ムチカラマツエビ

名前の通り普段はムチカラマツに生存しているムチカラマツエビですが、今回のこの写真の奴はムチではないウミカラマツ?(自信なし)についている個体でした。 しかし、ムチカラマツとかウミカラマツって住処としては狭いように思えるの ・・・