撮影ポイント:その他日本

145件の投稿があります。

アオヤガラ

世にも奇妙な形をした、この竹やりのようなスリム~な魚(一応)、それがアオヤガラです。一般的には食卓にも上がらないし、ほとんどお目にかかることがない魚だと思いますが、ダイビングをしてると結構見かけます。 普段は2~3固体で ・・・

アカエイ

この伊戸というポイントはシャークスクランブルといって、ドチザメを餌付け?して自然に飼っているようなポイントなのですが、ドチザメに交じってアカエイもいつの間にかやってきたそうです。 それにしてもアカエイってこんなに大きくな ・・・

アカオビシマハゼ

内湾性のところにひっそりと潜む地味なハゼです。この時はたまたまガイドをつけていたので、名前が判明しましたが、セルフダイビングだったら一生お蔵入りのハゼだったでしょう。 イチモンジハゼに似ていますが、体の線が2本あるのでニ ・・・

アケボノチョウチョウウオ

色々映り込んでしまっていますが、今回の主役は真ん中にいる黄色いチョウチョウウオです。 普段潜っている伊豆の方の海では、死滅回遊魚として4~5センチくらいのアケボノチョウチョウウオの幼魚をたま~に見かけたりするのですが、南 ・・・

アジアコショウダイyg.

漸く以前のゴミみたいな画像(↓参照)を変更して、少なくとも魚と認知できるレベルという根本的な問題を解決できる画像を見つけることができましたので、リバイス版としてUPします。 まあ、それでもアジアコショウダイの幼魚を見たこ ・・・

アナハゼ

写真を撮っている時は知らなくて気にしていなかったのですが、後でいろいろ調べてみるとアナハゼって魚のクセに生殖突起(俗に言うチン○)があるそうです。 そういう情報を手に入れると、気持ちいいとかあるのかな?とかオ○ニーとかす ・・・

アブラヤッコ

なんかギトギトした名前ですが、外見はいたって普通だと思います。いやむしろスマートかも。 なんにしろ、この白い斑点がとても特徴的だと思います。この写真のヤツは運良く横を向いてくれましたが、アブラヤッコ、ヤッコのクセしてあん ・・・

アマミスズメダイ

スズメダイ系は(も?)苦手です。。。 基本的に暗記することが苦手な私としましては、似たような形で似たような魚の名前を覚えるのに大変苦労します。まあ、面倒くさいので無理して覚えませんが・・・。 アマミスズメダイも南方系の魚 ・・・

アワイロコバンハゼ

いわゆる矢野本と呼ばれる図鑑で1種-2で紹介されている魚でしたがアワイロコバンハゼという和名が付いたようです。 色々見極める点はあるようなのですが、目から胸鰭までに水色の筋が5本あるのと、体側に白い斑紋が続くのが特徴のよ ・・・

イイダコ

貝殻のちょっと奥の方に隠れているのがイイダコ本体で、その前にぶら下がっている(バルーンアートとかで犬とか作りそうな)白い風船みたいなのが卵になります。色がついていたらゼリービーンズにも見えますね。 この小さな一個一個の房 ・・・

イシヨウジ

イシヨウジは、ヨウジウオの中でも比較的目に付きやすい存在ではないかなと思います。まあまあ見ていてとても可愛いと思います(変態?)。 でもヨウジウオって一匹だから許せるんですよね。もしこれが、イワシの群れのごとく数万匹の群 ・・・

イソカサゴ

どこにでもいるし、良く見かけてログにも特に書かないけど実は正確な名前を知らなかった魚って結構います。イソカサゴもそんな魚のひとつでした。 この日、写真のイソカサゴはあんまり動かなくて、写真の撮りやすい所にいたので、 「地 ・・・

イソギンポ

穴から顔出しにらめっこ系のなかで、イソギンポはどちらかと言うと可愛くないなと思ってしまいます。 鼻の下がビローンと伸びきっている辺りとか、仏頂面なあたりとか、なんとなく愛らしさが無いです。 でも、そんなに可愛くは無いので ・・・

イトヒキベラ

イトヒキベラのメスかと思います。 ベラの仲間はメスで生まれてオスに性転換するいきものだったような気がするですが、メスだとこの体側に緑色の線が入っている感じで、これがオスに転換すると↓のようなド迫力パワー全開で怪しく光りう ・・・

イナズマヒカリイシモチ

なんでも、イナズマヒカリイシモチはこの高知県の柏島付近でしか見られないレア物だそうで。やっぱり柏島って変な土地(海だけど・・・)って思わされました。何でここでしか生息しないの?イシモチってからには口内保育とかするのでしょ ・・・

イロカエルアンコウ

私もカエルアンコウの魅力にひきつけられた数多いダイバーの一人であります。どこに魅力を感じるのかというは、魚自体の造形とか綺麗さではなく、見つけ出すこと&見つけ出した時の自分に酔えるからです。 上手に擬態して隠れているのを ・・・

ウルマカエルアンコウ

大きさ約30cmくらいでしょうか。例えるならサッカーボール?日本でこんなに大きなカエルアンコウを見た事はなかったです。 ただやっぱりそこはカエルアンコウ。相変わらずドンクサイ。ほとんど動かないし、歩かせようとしてちょっと ・・・

ウロハゼ

ウロハゼは主に汽水域(川と海が混じって通常の塩分濃度よりも低い海域)に生息するハゼで、普通のダイビングではなかなかお目にかかれないというので見てきました。 まあ、地味でしたね。 そして模様がなんか汚い。 シュンカンハゼを ・・・

オオウミウマ

タツノオトシゴ系の魚?です。名前はオオウミウマ。 う、馬なんだ。。。 そこで、阿漕なトミヤマは思いついたわけです。これは辰年と午年二回年賀状につかえるな、、、と。( ゚Д゚)ウマ~ うわ~、狡いなぁ~!(付け足しの顔文字 ・・・

オキナワハゼの一種

本来なら淡水と海水の境目である汽水域に生息するヤツなのですが、バリバリ海水域に生息していたのでミスジハゼなのかどうかちょっと半信半疑です。ですが、特徴的にはミスジハゼそのものって感じで、もしもミスジハゼなら相当レア(絶滅 ・・・