ハゼ科

44件の投稿があります。

アカイソハゼ

アカイソハゼは最近命名されたようで、しばらく不明種として人に名前を聞いていました。そこでの聞き方が、 「ギンポ系の魚だと ・・・

アカオビシマハゼ

内湾性のところにひっそりと潜む地味なハゼです。この時はたまたまガイドをつけていたので、名前が判明しましたが、セルフダイビ ・・・

アカハチハゼ

アカハチハゼってせいぜい大きくなっても7~8センチくらいだと思っていたのですが、この写真のアカハチハゼは15~20センチ ・・・

アカホシイソハゼ

伊豆海洋公園でのダイビング中にふと目に留まったイソハゼです。 当初アカイソハゼだと思っていたのですが、妙に透明感があって ・・・

アワイロコバンハゼ

今回は、写真どうこうよりもウンチクを語らせてください。このテーブルサンゴの中に住むコバンハゼの仲間についてのウンチクです ・・・

イチモンジハゼ

前回↓で「横から撮ってみたいなぁ」ことを書いていましたが、正直なところイチモンジハゼなんて穴から出てくるような生き物、そ ・・・

ウロハゼ

ウロハゼは主に汽水域(川と海が混じって通常の塩分濃度よりも低い海域)に生息するハゼで、普通のダイビングではなかなかお目に ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタ ・・・

オオガラスハゼ

毎度毎度これがガラスハゼとどこが違うのかということを悩んではいますが、最近では雰囲気ベースになってしまっております。。 ・・・

オオメハゼ

名前からすると大きな目が特徴なのかなと思っていたのですが、学術的にはいっさい目の事には触れられておらず「胸鰭の付け根に2 ・・・

オオメハゼの一種

図鑑に載っていたオオメハゼとすごく似ていたので、オオメハゼかもしれないのですが、なんとなく違うような。。。まあ、海外です ・・・

オキナワハゼの一種

本来なら淡水と海水の境目である汽水域に生息するヤツなのですが、バリバリ海水域に生息していたのでミスジハゼなのかどうかちょ ・・・

オニハゼ

伊豆でよく見るのはダテハゼですが、頭だけ出ているところを見るとこのオニハゼもダテハゼに見えてしまいます。首から少し下くら ・・・

カニハゼ

別段カニっぽくないなと思ってたのですが、この背びれに二つある目玉模様がカニの目を連想させるらしく、この名前がついたのだと ・・・

ガラスハゼ

撮影した時は、良い感じに背景が黒くなって、ガラスハゼが浮き彫りになっているなと思っていたのですが、帰ってPCの画面上で見 ・・・

ギンガハゼ

銀河の果てならぬ銀河のハゼ・・・ギンガハゼ。 そんな光の彼方の遠くから地球を救いにやってきた救世主と言うよりは、極悪人と ・・・

クサハゼ

口先がちょっとピンボケてしまっていますが、泥地のハゼで有名なクサハゼです。一部マニアの間では「泥地の貴公子」というあだ名 ・・・

クツワハゼ

この写真のクツワハゼが私が一番馴染みのあるクツワハゼの模様です。目の後ろに黒い筋がピッーと入ったデビルマンのような顔が特 ・・・

クビアカハゼ

同じ巣穴にクビアカハゼが2体住んでいまして、ペア(♂♀)なのか♂♂もしくは♀♀なのかは雌雄の見分け方が全く分からないので ・・・

クモハゼ

長崎県の大村湾というちょっと内湾性で流れもなく淡水も混じる汽水域の魚でして、このクモハゼって魚は教えてもらうまで見たこと ・・・