撮影ポイント:海外

111件の投稿があります。

アオスジエビス

初めてイットウダイを知って以来、海の中でイットウダイの仲間にも気を配るようになりました。学術的にはイットウダイ科というらしいですが、私はエビス系と呼んでます。なんかヤンキーみたいですが・・・。 で、図鑑を開いてみたのです ・・・

アオマスク

アオマスクと言うのは俗称らしく、正式和名は無いそうです(サンゴアマダイの仲間とかなんとか)。 しかし、青とmaskってなんでしょうこの折衷的な名称は。。。漢字で言うと重箱読み(すごい久しぶりに思い出した言葉です)みたい? ・・・

アカネハナゴイ

ハナゴイ・ハナダイが好きな僕としましては、アカネハナゴイのこんな綺麗な写真を見ている時は、なんともいえない至福の時間を過ごすことが出来るのですが、でもやっぱりコレ系の魚は華麗に泳ぎまわっているほうが、そりゃまた格段に綺麗 ・・・

アカハチハゼ

アカハチハゼってせいぜい大きくなっても7~8センチくらいだと思っていたのですが、この写真のアカハチハゼは15~20センチくらいの大きさでした。(水中なので正確にはわからないですが・・・) ということは今まで見ていたのって ・・・

アカモンガラ

アカモンガラって割に、全然赤くないし、どちらかというと全身真っ黒なんでクロモンガラに勝手に名前を変えてやろうかしらと思ったら、クロモンガラっていう別種がいました。。。 「何が赤いのか」って問い詰めたところ(だれに?)歯が ・・・

アケボノハゼ

洋のヘルフリッチ:和のアケボノと私の中では位置付けられているレアでとても綺麗なハゼです。撮影場所は海外ですが。。。  ただ、アケボノハゼは深場にいるためよっぽど海が綺麗でないかぎり、光が多く届かないため、胸元から尾っぽに ・・・

アザハタ

絶妙なタイミングで、目の部分にイシモチ形の小魚が入ったせいで目が異様にでかくてキレのある魚に見えてしまいます(そうでもない・・・?)。まあ、コレも狙って撮ったわけでして日々自分の実力に磨きがかかっているのかと思うと、この ・・・

イエロークラウンバタフライフィッシュ

グアムでは水深35メートル付近で時々見られる世間的にもかなりレアな魚だそうです。顔が半分しか写ってませんが。チョウチョウウオマニアからは絶大な支持を受け、海水魚屋では1匹50万円くらいで売られているのだとか。顔が半分しか ・・・

ウコンハネガイ

上部が完全にフレームアウトしちゃってますが、ご愛嬌と言うことで。そんな事言うと、このサイトの8割以上の画像がご愛嬌になってしまいますが、あえて耳をふさいでおきます。ついでに目もつむります。 この貝、外套膜の端をピカピカと ・・・

ウスジマイシモチ

十中八九ミナミフトスジイシモチだと思い、顔のピントも甘いので捨てる気満々だったのですが「イシモチって結構種類居るんだよな」と念のためくらいな感じで図鑑をめくっていた所、迷探偵トミヤマは、写真の一部に違和感を覚えました。 ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタミ大統領がどうのとか言うわけではなく、ただ単に思いついた事を書いただけでした。まあ、なかなか綺麗な模 ・・・

オイランヨウジの一種

一種と言うことで、とりあえず日本にはいない種類だそうです。見た目は普通にオイランヨウジですが・・・。英名ではオレンジワームパイプフィッシュとかで(たぶん)、ああパイプね・・・と妙に納得した覚えがあります。 とりあえず、日 ・・・

オウゴンニジギンポ

オウゴンニジギンポに特徴って、目の後ろに黒い線がビヨ~ンと入っているのが有名ですが(ビヨ~ンかどうかはさておき・・・)、こちらの写真の奴はそれが見当たらないんですよね。 写真自体を引き延ばしているので画像が粗いって理由も ・・・

オオマルモンダコ

ヒョウモンダコと似たような風貌ですが、全てのブルーの模様がリング状になっているのが見分けるポイントです。ただ猛毒を持っているのは変わりないので、とりあえず青い模様があるタコには触れるなって事ですね。毒は、口からものを入れ ・・・

オオメハゼの一種

図鑑に載っていたオオメハゼとすごく似ていたので、オオメハゼかもしれないのですが、なんとなく違うような。。。まあ、海外ですし、日本にいないヤツかもしれないので、「一種」ということで。 あ~でも名前をつけるとすると、ベニハゼ ・・・

オグロクロユリハゼ

グアムに行ったときに始めて認識した魚で南方系の魚なんだなと思っていたのですが、その後ホームグラウンドである伊豆で潜ったときに結構良く見かけて、拍子抜けしました。まあ、伊豆でも秋にしか見ないので死滅回遊魚なんでしょうが。 ・・・

オニカマス

和名でオニカマス、通称バラクーダって言われています。一匹一匹が1m級の非常に大きなカマスですが、そいつがこの写真のように壁のように群れることがあります。 それを見たときは、すごい圧巻でした。ダイバーのパーティなんて寂しく ・・・

オニヒトデ

ヒトデといえば、普通は星型のちょっと可愛い感じのものを想像したりしますが、この写真の中のトゲトゲしいヤツも立派なヒトデです。この棘には毒が合って刺されると腫れ上がって大変痛いらしく手は出さないのが無難です。 で、オニヒト ・・・

オビテンスモドキyg.

オビテンスモドキの幼魚って良く青被ってしまいます。というのも、幼魚ということもあり、かなり臆病で近づかせてくれないというのもありますが、ケバケバした体つきにおぞましい顔つきという不気味さのためレンズ越しと言えども、あまり ・・・

オレンジフィンアネモネフィッシュ

和名が付けられていないクマノミの仲間です。日本のクマノミとは名前のごとくヒレがオレンジ色なところが違いだったような気がします。それ以外はイソギンチャクと共生していたり、卵の産み付け方とか、性転換するところとかみんな一緒で ・・・