撮影日: 2005年5月

30件の投稿があります。

アオスジエビス

初めてイットウダイを知って以来、海の中でイットウダイの仲間にも気を配るようになりました。学術的にはイットウダイ科というらしいですが、私はエビス系と呼んでます。なんかヤンキーみたいですが・・・。 で、図鑑を開いてみたのです ・・・

アカモンガラ

アカモンガラって割に、全然赤くないし、どちらかというと全身真っ黒なんでクロモンガラに勝手に名前を変えてやろうかしらと思ったら、クロモンガラっていう別種がいました。。。 「何が赤いのか」って問い詰めたところ(だれに?)歯が ・・・

イエロークラウンバタフライフィッシュ

グアムでは水深35メートル付近で時々見られる世間的にもかなりレアな魚だそうです。顔が半分しか写ってませんが。チョウチョウウオマニアからは絶大な支持を受け、海水魚屋では1匹50万円くらいで売られているのだとか。顔が半分しか ・・・

ウコンハネガイ

上部が完全にフレームアウトしちゃってますが、ご愛嬌と言うことで。そんな事言うと、このサイトの8割以上の画像がご愛嬌になってしまいますが、あえて耳をふさいでおきます。ついでに目もつむります。 この貝、外套膜の端をピカピカと ・・・

オグロクロユリハゼ

グアムに行ったときに始めて認識した魚で南方系の魚なんだなと思っていたのですが、その後ホームグラウンドである伊豆で潜ったときに結構良く見かけて、拍子抜けしました。まあ、伊豆でも秋にしか見ないので死滅回遊魚なんでしょうが。 ・・・

オニヒトデ

ヒトデといえば、普通は星型のちょっと可愛い感じのものを想像したりしますが、この写真の中のトゲトゲしいヤツも立派なヒトデです。この棘には毒が合って刺されると腫れ上がって大変痛いらしく手は出さないのが無難です。 で、オニヒト ・・・

オレンジフィンアネモネフィッシュ

和名が付けられていないクマノミの仲間です。日本のクマノミとは名前のごとくヒレがオレンジ色なところが違いだったような気がします。それ以外はイソギンチャクと共生していたり、卵の産み付け方とか、性転換するところとかみんな一緒で ・・・

キイロハギ

いつも黄色い魚は光の関係もあり大失敗写真が貯まっているのですが、今回はきちんとキイロハギと分かる写真が取れて一安心。 黄色いサカナはなかなか撮るのが難しいのですが、南の島の明るい海だと意外と撮りやすいことが判明。光って大 ・・・

キンセンイシモチの一種

見た感じキンセンイシモチの幼魚かなとも思ったのですが、別種のようです。海外なんで良くわかりません。。まあ、それよりも何よりもこの画像のこの角度からだと、別種も何もあったものではないということで、さらっと滑ったギャグのよう ・・・

クマザサハナムロ

もうちょっと色が出てもいいかなと思いつつ、これが限界とも知りつつ。南の島々で潜れば、なかなか良い群れを作って回遊しているのを見受けられます。そしてとても速いので、撮りにくいというのも感じられます。 こういう魚の群れをバシ ・・・

ゴマフキンチャクフグ

この名前はある人から教えてもらったのですが、検索にもあまり引っかからないですし、もしかしたら一部の俗称でメジャーでないのかもしれません(ちなみに私の持っている図鑑にはキタマクラ属の一種で載っていました)。 水深も結構深め ・・・

ゴマモンガラ

超A級の危険生物のゴマモンガラです。 何が危険かって、噛まれます。 普通にがぶっと噛まれます。 10倍くらいある人間に向かって躊躇なく突っ込んできて嚙みつきます。 私のダイビング仲間なんかは、南の島でゴマモンガラに耳をか ・・・

サザナミハギ

サザナミハギもそうなんですが、ニザダイの仲間って本当に書くことがないんですよね。特徴がないって言うか、面白みがないって言うか。顔はかなり面白いですけど。 魚の大喜利で出されると一番困るのがハギですね。どんな大喜利だって話 ・・・

シボリキンチャクフグ

シボリキンチャクフグって、体の構造の割りにすばやく動くような気がします。シボリキンチャクフグに限らず、キンチャクフグの仲間全般に言えることなんでしょうけど。 鰭(ヒレ)をピコピコしている姿は本当に情けないのですが、なぜか ・・・

スミレナガハナダイ

よくサロンパスハナダイと呼ばれているスミレナガハナダイですが、そのわけは上の写真でもわかるように、オスが婚姻色として身体の中央部にピンク色の四角い模様が現れ、これがあたかもサロンパスのような感じでそう呼ばれているみたいで ・・・

ゼブラハゼ

南洋系のハナハゼといった感じでしょうか。どちらかというとハナハゼの方が南洋系のような気がしないでもないですが。。。 まあ、身体がシマシマと言うとことで、ゼブラ(シマウマ)だそうです。こういう形状の魚は甘辛く煮付けて焼いて ・・・

ニジエビス

これまたイットウダイ系の魚で、イットウダイとかテリエビスとかとどう違うの?といわれるとほとほと困り果てるのですが、あえて言うと全体的な色合いとか、背びれが黒っぽいとかになるんですかね。 こういう時さかな君がいると非常に助 ・・・

ネッタイミノカサゴyg.

ネッタイミノカサゴの幼魚です。幼魚も乙姫様みたいです。ミノカサゴの類は、成魚に関してはずっと泳いでいるというイメージなんですが、こと幼魚に関しては、たたずんで動かない状態が多いです。 もしや、鳥と一緒でまだ泳ぎ方知らない ・・・

ノコギリダイ

ノコギリダイって名前から創造するにどれだけ凶暴な顔つきをした魚かと思いきや、いたって平凡な顔・図体の魚です。顔の側面にちょっとした隆起があるからだそうで、そんなもん私にもあります。(それはニキビ、いや吹き出物といいます。 ・・・

ハクテンカタギ

名前に付いているカタギが何を意味しているのか。“一般人”という意味ではないような気がしますが・・・。 名前はさておき、私の中ではユウゼンと双璧をなす地味なチョウチョウウオという事になっています。た ・・・