ニザダイ科

13件の投稿があります。

キイロハギ

いつも黄色い魚は光の関係もあり大失敗写真が貯まっているのですが、今回はきちんとキイロハギと分かる写真が取れて一安心。 黄色いサカナはなかなか撮るのが難しいのですが、南の島の明るい海だと意外と撮りやすいことが判明。光って大 ・・・

サザナミハギ

サザナミハギもそうなんですが、ニザダイの仲間って本当に書くことがないんですよね。特徴がないって言うか、面白みがないって言うか。顔はかなり面白いですけど。 魚の大喜利で出されると一番困るのがハギですね。どんな大喜利だって話 ・・・

シマハギyg.

ふと、伊豆海洋公園のオクリダシの入江という場所で見たことないハギ系の幼魚が目に留まりまして、ヒレナガハギとも違うなぁとか、とりあえず程度に写真にとっておいて、家に帰って調べてみたら「シマハギ」の幼魚ですって。 どちらかと ・・・

テングハギ

天狗というよりは、一角獣ですね。ま、だからと言ってユニコーンハギとか言われても、口にするのも恥ずかしい限りなんですが。 この角以外は、ニザダイと大して変わらないのですが、一体どんな進化を遂げるとこういう形になるのでしょう ・・・

ナガニザ

ニザダイ科の魚はサザナミハギの時も書きましたが、特に書くことが無いんですよね。 でも今回は一つだけ言いたい。 くちびる、めっちゃ可愛い。 ややピンボケしてますが、またそれが良い感じで。 この可愛さは、もはやドラえもんの横 ・・・

ナガニザyg.

ナガニザなんて魚は日々図鑑をめくってニマニマしている私でも知らない魚だったくらい、超目立たない子なんですが、そんな目立ない子に限って成魚と幼魚両方撮れてしまいます。 あ、ちなみに「超目立たない子」ってのは私の事ではなく、 ・・・

ナミダクロハギ

ナミダクロハギの近似種にメガネクロハギって言うのがいます。ほぼ一緒です。兄弟?従兄弟?ってくらい似てます。 違いとしては、上下に見える黄色のラインが尾びれの付け根でくっついているかくっついていないか、尾びれに黄色い線がく ・・・

ニザダイ

はっきり言ってどこでも見られる超がつく普通種だと思います。伊豆で潜り始めて結構初期段階で覚えた魚かと思います。特徴としては尻尾の少し手前あたりで横に刺が突き出ているのでわかり易いです。 ムリヤリ特徴とか言いましたが、実際 ・・・

ヒラニザyg.

伊豆ではヒラニザは死滅回遊魚だったことを初めて知りました。幼魚だということは認識していたのですが成魚も同じ様な魚かと思っていたら、全然違う黒いヤツでした。確かに伊豆では見ないなぁ。 死滅回遊魚と知って、ヒラニザを見るお得 ・・・

ヒレナガハギ

ヒレナガハギを見たとき、あまり見慣れない魚だったので、思わず「うわーすげーなんか見ちゃいけないもの見ちゃったのかも」とやや興奮気味で追いかけて、一応写真も模様がわかる程度のものが撮れてそこそこ満足でした。 この色の無さと ・・・

ヒレナガハギyg.

ヒレナガハギの幼魚です。成魚は白黒で深海魚と見間違うほどの不気味さを醸し出していますが、幼魚は黄色を基調とした体色に、サンゴの間をヒョコヒョコと動き回る姿がなかなか可愛いやつです。 ちなみに、当初この写真のヒレナガハギの ・・・

メガネクロハギ

メガネクロハギを見たときメジャーリーガーだと思いました。 ほら、野球で昼間にやる時に選手が目の下に何か塗ってるじゃないですか。なんでもアレをやっているとまぶしくないんだとか。 生物の進化には何かしら意味するところが多いの ・・・

モンツキハギyg.

前回撮った写真が、かなりぼや~っとしているので(黄色い魚あるあるですが)、まだマシなものに差し替えました。 ただ今回も欠点はあり、サブキャラ的にアカハチハゼが映り込んでしまってます。。 伊豆海洋公園のオクリダシの入江と言 ・・・