フグ・カワハギの仲間

44件の投稿があります。

アオサハギ

アミメハギは網目って感じでわかりやすいかなと思っているのですが、アオサハギって、この小さい500円玉サイズのカワハギみたいな子の中で、縦線(縦じま)が線または点々で入っている子っていう判別をしていまして、この写真の子のよ ・・・

アカモンガラ

アカモンガラって割に、全然赤くないし、どちらかというと全身真っ黒なんでクロモンガラに勝手に名前を変えてやろうかしらと思ったら、クロモンガラっていう別種がいました。。。 「何が赤いのか」って問い詰めたところ(だれに?)歯が ・・・

アミメハギ

何も知らなかったあのころ(いつだよ?)、アミメハギはカワハギの子供だと思ってました。 しばらくして、あるお方にアミメハギは大きくなってもせいぜい6~7cmのアミメハギという種類だということを知らされたとき、「誰かが品種改 ・・・

アミメハギyg.

アミメハギの成魚とたいしてフォルムが変わらないので、果たして(この上手くもない写真を)幼魚としてアップする意味があるのか?という疑問はさておき、小さくて可愛かったから撮ってしまったので(しかたなく)アップしたという本心も ・・・

イシガキフグ

針がついてるフグの中では最もよく見かけるヤツだと思います(日本にでは)。 イシガキフグは針以外にも気をつけなければならないのは、このちょっと締まりの無い口です。ほんとよだれでもたらしそうな勢いですが、噛み付くとそれは大層 ・・・

カワハギ

カワハギは砂地の上にいて、砂の中にアタックして餌を探している光景をよく見るのですが、体色が地味なせいもあって砂地にいる姿は超アンチフォトジェニックなんですよね。。 ということで、ちょっと背景が綺麗目なところにいるカワハギ ・・・

キイロハギ

いつも黄色い魚は光の関係もあり大失敗写真が貯まっているのですが、今回はきちんとキイロハギと分かる写真が取れて一安心。 黄色いサカナはなかなか撮るのが難しいのですが、南の島の明るい海だと意外と撮りやすいことが判明。光って大 ・・・

キタマクラ

ダイビング初日。それまで海水浴しか知らなかった私は、ビーチエントリーで魚が見れるとは正直思っていませんでした。それが海に入った途端「ふ、ふぐがいる~!!!」と感動したのは今でも覚えています。ソラスズメとともに私をアンダー ・・・

コクテンフグ

コクテンフグを見て「あ、パンダだ」って思いました。目の周りが黒いと、多少ブサイクでもちょっと愛嬌がでて可愛くなりますね。 とは言っても人間はもちろん例外です。可愛いというより不気味です。怖いです。人食い人種みたいで食われ ・・・

ゴマフキンチャクフグ

この名前はある人から教えてもらったのですが、検索にもあまり引っかからないですし、もしかしたら一部の俗称でメジャーでないのかもしれません(ちなみに私の持っている図鑑にはキタマクラ属の一種で載っていました)。 水深も結構深め ・・・

ゴマモンガラ

超A級の危険生物のゴマモンガラです。 何が危険かって、噛まれます。 普通にがぶっと噛まれます。 10倍くらいある人間に向かって躊躇なく突っ込んできて嚙みつきます。 私のダイビング仲間なんかは、南の島でゴマモンガラに耳をか ・・・

サザナミハギ

サザナミハギもそうなんですが、ニザダイの仲間って本当に書くことがないんですよね。特徴がないって言うか、面白みがないって言うか。顔はかなり面白いですけど。 魚の大喜利で出されると一番困るのがハギですね。どんな大喜利だって話 ・・・

シボリキンチャクフグ

シボリキンチャクフグって、体の構造の割りにすばやく動くような気がします。シボリキンチャクフグに限らず、キンチャクフグの仲間全般に言えることなんでしょうけど。 鰭(ヒレ)をピコピコしている姿は本当に情けないのですが、なぜか ・・・

シマウミスズメ

かなり小さい固体でしたので、なぜかコンゴウフグと間違えて撮影していました。下のところにも書いたとおり、シマウミスズメの分別情報なんて海中じゃすっ飛んでしまっているので。。。 それにしても下の写真のヤツといい、撮影日が丸1 ・・・

シマキンチャクフグ

ノコギリハギに擬態されているという悲劇の魚ですが、フグの中でもキタマクラと同じくらい愛嬌がある魚でとても毒を持っている恐ろしいやつには見えません。 でも、改めて考えてみましても、キタマクラにしろ、シマキンチャクフグにしろ ・・・

シマキンチャクフグyg.

シマキンチャクフグの幼魚です。 ただ小さくしただけで、別に変化とかは無いのですが、キタマクラの幼魚がマメマクラといって可愛がられているので、次はマメシマの時代が来ると思って激写しておきました。 時代がくると言っても本当に ・・・

シマハギyg.

ふと、伊豆海洋公園のオクリダシの入江という場所で見たことないハギ系の幼魚が目に留まりまして、ヒレナガハギとも違うなぁとか、とりあえず程度に写真にとっておいて、家に帰って調べてみたら「シマハギ」の幼魚ですって。 どちらかと ・・・

ショウサイフグ

フグの見分け方が具体的に載っている情報がなかなか無いので、ネットサーフィンしてなんとなくショウサイフグかなって感じです。 コモンフグと似ているようなんですが、コモンフグは白斑点で、ショウサイフグは網目模様という事で、その ・・・

スジモヨウフグ

フグと言えば、トラフグを筆頭にまず美味しいのか美味しくないのかなどを考えてしまいますが、このスジモヨウフグの場合、美味しい美味しくないの前に、食べれるのか食べれないのか・・・否、明らかに食べれる範疇を超越した存在と思いま ・・・

ソウシハギ

カワハギの仲間ではあるんですが、模様がエライ事になっています。  気色悪ぅ。。。 カワハギよりも一回りほど大きく、海で見ると「あ、なんだこの魚」と見てしまいましたが、実際地元の漁師の心遣いかなんかでソウシハギがさばかれて ・・・