撮影ポイント:伊豆黄金崎

48件の投稿があります。

アミメハギ

何も知らなかったあのころ(いつだよ?)、アミメハギはカワハギの子供だと思ってました。 しばらくして、あるお方にアミメハギは大きくなってもせいぜい6~7cmのアミメハギという種類だということを知らされたとき、「誰かが品種改 ・・・

アミメハギyg.

アミメハギの成魚とたいしてフォルムが変わらないので、果たして(この上手くもない写真を)幼魚としてアップする意味があるのか?という疑問はさておき、小さくて可愛かったから撮ってしまったので(しかたなく)アップしたという本心も ・・・

イシガキダイyg.

その昔は、イシダイとこのイシガキダイの事を同一視していました。見た目はぜんぜん違うのですが、何かこのネーミングと雰囲気がほぼ兄弟みたいな感じで、キノコで言えばシメジとマイタケ、国で言えばアルジェリアとナイジェリア、ミスチ ・・・

イバラタツ

イバラタツなんて南の島とかに行かないと見れないのかと思っていて、マブールでピントの合わない写真しか撮れなかったことを相当後悔していたのですが、日本にしかも伊豆にいました!ビバ伊豆! 早朝一番で潜りに行って「いる」と言われ ・・・

イラ

私がはじめて潜った伊豆の海”でも”いたぐらい日本各地で簡単に見ることのできる魚ですが、結構大きく(5~60cm)色合いもグラディエーションがかっていて綺麗なので私個人的にはとても好きです。私の先輩 ・・・

ウミヒゴイ

この写真にはウミヒゴイとタカサゴヒメジが一緒にメインキャストとして映り込んでいますが、このページではウミヒゴイに焦点を当てたいと思います。 黄色い線が入ったヤツがウミヒゴイで、赤ポチの入ったヤツがタカサゴヒメジです。それ ・・・

オイランヤドカリ

この写真のオイランヤドカリは「宿借り」というよりも、なんだか貝殻に押しつぶされているように見えます。身体に比べて重そうですね。 コモンヤドカリのところでも書きましたが、ヤドカリの種類は結構奥が深く今後色々撮影に挑戦して観 ・・・

オオモンハタyg.

前回↓の2007年の写真の奴よりはもう一回り成魚に近づいた中成魚前半ってステージですかね。 幼魚のページに入れるか成魚のページに入れるか少し迷いどころでしたが、中成魚の後半っぽいのが成魚のページに居たので幼魚のページの方 ・・・

オキナヒメジ

縦線が入ったヒメジなんてホウライヒメジ(南方系)くらいしか知らなかったので「こいつはホウライヒメジの幼魚で、成魚は見ないから死滅回遊魚かな」と思っていたのですが、図鑑をめくってたらオキナヒメジたる雄雌関係なく“ ・・・

オトメハゼ

雄でもオトメハゼ。 このいじり方は結構いろんな方面で使ってますので(ヒメ~とか、ヨメ~とか、ムスメ~とか)流石にもう良いだろうと心の善の部分が告げているのですが止められません。 オトメハゼは砂地に生息していまして、住処の ・・・

オビアナハゼ

オビアナハゼはそこそこ自由に動き回るし、そんなにスピードがトロくさい魚でもないんですが、相性がいいのかピントが良く合います。ピントが合うことに喜んでいては何の進展もないのですが。。 そしていつものごとく何もいじることがで ・・・

カゲロウカクレエビ

狙って見つけたわけで無く、たまたま見つけたという感じで、正直小さくて透明で宿主もシロガヤ(軽い毒がある)で撮ろうかどうか迷いましたが、運よくピントが合ってくれたので、一枚だけ。 で、絶対こんなヤツ「標本して種として認めら ・・・

カスリハゼ

砂地に穴を掘ってエビと共生する一族のハゼです。 有名どころだとネジリンボウとかヤシャハゼとか、マニアックどころだとクサハゼとかオニハゼとかいて、カメラに納めようとするのに砂や泥の上をズルズルと超絶スローで這い寄ることに快 ・・・

クマドリカエルアンコウyg.

クマドリカエルアンコウに幼魚って概念が果たしてあるのかわからないですが、このサイズは幼魚と言っていいのではないでしょうか。 写真だとなかなか伝わりずらいのですが、2センチにも満たない大きさです。小指の先よりも小さい大きさ ・・・

クロイトハゼ

ネジリンボウとかダテハゼとか言ったそっち方面の砂地のハゼです。 そっち方面のハゼ(この表現気に入りました)は、写真を撮るのにスリリングさを味わえるので好きなのですが、このクロイトハゼは過去伊豆では見たことがありませんでし ・・・

クロサギ

地味と言えばこれほどまでに地味なものは居ないというくらいの、付け入る好きの無いジミな魚です。それは、伊豆でダイビングしていて砂地とかでは結構良く見かける魚のはずなんですが、何年も伊豆で潜ってるダイバー仲間でもコイツの名前 ・・・

コケギンポ

「穴から顔出しにらめっこ系」の代表格といってもいいでしょう。「にらめっこの中のにらめっこ」。”the KING of 穴から顔以下略”の称号を与えます。 頭の通称モヒカンと呼ばれるフサフサが、この写真の奴は特に立派でした ・・・

コノハガニ

コノハガニは固体によって、”木の葉”をつけている量が違ったりするのですが、写真のコノハガニは大量にまとっていました。 が、大量なだけに動くと返って目立っていました。コノハガニは下のヤツも含めてどう ・・・

サビハゼ

せっかくヒゲがあるサビハゼなので、顔をアップで撮ってみようと思いました。正面からとか、横からとか偉い枚数を費やしてしまったのですが、気になったのがヒゲよりも目の色でした。 海の中の光の加減なのかもしれないですが、キラキラ ・・・

サルパ

<追記> クラゲの仲間って感じで紹介していましたが、先日たまたま見たテレビでサルパっていう不思議な生物紹介がされていて「あ!これ例のアレだ!」とピンときてポンと抜けた状態で(どんな状態?)名前が判明したので更新しました。 ・・・