撮影ポイント:伊豆半島

291件の投稿があります。

アイゴ

ぜったい出席番号1番の魚・・・と思っていたのですが、アイアナゴって出席番号的に最強の魚がいました。深海魚らしいのでダイビングで見ることはまずないと思いますが。 ということで、ダイビングで良く見れる中では出席番号1番って微 ・・・

アオサハギ

アミメハギは網目って感じでわかりやすいかなと思っているのですが、アオサハギって、この小さい500円玉サイズのカワハギみたいな子の中で、縦線(縦じま)が線または点々で入っている子っていう判別をしていまして、この写真の子のよ ・・・

アオヤガラyg.

ムチヤギの群生の中で不意に身に飛び込んできた体調5センチくらいの木の枝・・・かと思っていたら、ピュンと動いたので近づいて撮ってみたところこの風貌でした。 はじめは何かヨウジウオ系の魚かなと思っていたのですが、さすがに空中 ・・・

アオリイカ

夏前の伊豆海洋公園では、この写真のように木の枝をダイビングポイントに落として、アオリイカの産卵床を用意しています。 運が良いとその産卵床に無数のアオリイカが産卵に訪れてきます。 で、この時はちょうどその運を引き寄せた時で ・・・

アカイソハゼ

アカイソハゼは最近命名されたようで、しばらく不明種として人に名前を聞いていました。そこでの聞き方が、 「ギンポ系の魚だと思うのですが、全然わかりません。顔がひょうきんで好きなんですが。。。」 ・・・ギンポ系って。思いっき ・・・

アカオビハナダイ

下の写真でレアじゃないか?って話をしてましたが、伊豆半島の獅子浜では水深25~30mあたりに沢山いました(^^; 普段はマジョリティのキンギョハナダイやサクラダイよりも沢山いました。 ここに来たら、アカオビハナダイこそ普 ・・・

アカササノハベラ

(七夕の歌口調で) ♪アカササノ~ハベラ、波間にゆれる、 ♪ホシササノ~ハベラ、み~わ~け~がつ~か~ない。 寒い海の中では、寒さを払拭するためによく歌を歌ってます(一説によると一緒に潜った人に歌声が聞こえてたとか・・・ ・・・

アカスジカクレエビ

アカスジカクレエビってちっちゃくて透明なので、写真にしても輪郭がどの辺なのかいまいちよくわかりません(笑) 足とかどうなっているんですかね。 いっそのこと体全部透明にすればよかったのに、歌舞伎役者ばりに赤と白で模様を主張 ・・・

アカハタ

粗い画像で申し訳なさいっぱいなのですが、個人的にはちょいとビックリしたのでアップしました。 何がビックリしたって、自分の知っているアカハタと全く違った色合いだったのにアカハタだったということです。 何かのハタ科の魚だろう ・・・

アカヘビギンポ

詳しいところは良く分からないのですが、普通のヘビギンポとはちょっと違うのかな。顔の下部が黒っぽくて、青いメタリックな星が散らばめられているので、通称赤ヘビってダイバーには言われているヘビギンポの一種なんだと思います?(断 ・・・

アカホシイソハゼ

伊豆海洋公園でのダイビング中にふと目に留まったイソハゼです。 当初アカイソハゼだと思っていたのですが、妙に透明感があって明るいなと思い(どこのファンデーション使っているのみたいな)、ちょいちょい調べてみたら、アカホシイソ ・・・

アキアナゴ

正直頭だけしか出ていないので、ほんとにアキアナゴなのか、チンアナゴなのかシンジュアナゴなのか皆目見当がつかないのですが、まあ見た本人がそう言っているのでアキアナゴにさせて下さいm(_ _)m 特徴としては、ひょろっと砂地 ・・・

アケウス

アケウスという名の生物については当初全く情報がなかったのですが、とあるとき某友人がナイトダイビングをしたときに見つけたと大層自慢してくるので、その時から私の辞典の中に入ってきました(嫌な辞典だこと…)。初めて聞いたときは ・・・

アサヒアナハゼ

カジカ属の魚(特に伊豆で見やすいアナハゼの仲間)は、動かない・獰猛な面構え・幾何学的な模様と個人的には絶好の被写体と密かに思っているのですが、何故か賛同者が一人もいない状況です。 多分ネックになっているのがアナハゼの見分 ・・・

アミメハギ

何も知らなかったあのころ(いつだよ?)、アミメハギはカワハギの子供だと思ってました。 しばらくして、あるお方にアミメハギは大きくなってもせいぜい6~7cmのアミメハギという種類だということを知らされたとき、「誰かが品種改 ・・・

アミメハギyg.

アミメハギの成魚とたいしてフォルムが変わらないので、果たして(この上手くもない写真を)幼魚としてアップする意味があるのか?という疑問はさておき、小さくて可愛かったから撮ってしまったので(しかたなく)アップしたという本心も ・・・

イガグリウミウシ

イガグリというと、トミヤマの中ではやはり磯野カツオなわけでして、ジョリジョリしている感じをイメージするんですよね。 実際カツオの頭がこんなイガグリウミウシだった時には、ゾワゾワと鳥肌が立ちまくりなわけです。 ということで ・・・

イサキyg.

雲見で見たイサキです。 イサキの群れって、海中の真っただ中をガシガシ泳いでいる印象でしたが、雲見のイサキはこうやって根の岩肌を沿うように泳いでいました。 根の地形に守らているせいか、動きも緩慢で、海中をガシガシ泳ぐイサキ ・・・

イシガキダイyg.

その昔は、イシダイとこのイシガキダイの事を同一視していました。見た目はぜんぜん違うのですが、何かこのネーミングと雰囲気がほぼ兄弟みたいな感じで、キノコで言えばシメジとマイタケ、国で言えばアルジェリアとナイジェリア、ミスチ ・・・

イシダイ

伊豆海洋公園の2の根付近には、イシダイの成魚クラスがゴロゴロいまして、大きさも成長過程がわかるくらい各段階がそろっています(小学校から大学までの一貫校みたい)。 イシダイの幼魚から育ってくると、体の縞模様が抜けてきて、ク ・・・