撮影日: 2007年8月

7件の投稿があります。

オニカサゴ

オニカサゴは危険な魚とはわかっているのですが、このド迫力の顔面をどうしても覗き込みたくなる衝動に駆られます。毒の危険を冒してまで、鬼気迫る(オニカサゴだけに)この顔にどこまで寄れるかの男の勝負です。 余談ですが、寄ってい ・・・

カエルアマダイ

伊豆で初めてカエルアマダイ(ジョーフィッシュ)を見ました。遠い噂では伊豆にもいると言うことは聞いてはいたのですが、まさか会える日が来るとは! 全然そんな感動とは別の話しになるのですが、仮にジョーフィッシュが狭い範囲に何匹 ・・・

キンチャクダイ

キンチャクダイは、伊豆とか日本近海なら結構どこでも見かける気がします。結構派手で、目立つヤツなんで、もっと人気があってもいいと思うのですが、魚派ダイバーにとっては、数が多いと言うことで、どうもありがたみをなくしているよう ・・・

クロホシイシモチyg.

おそらくクロホシイシモチの幼魚なんだと思います。真っ透明で、個人的には何の識別も出来ず、ただ、この撮影した辺りで群れている透明な幼魚といったらクロホシイシモチぐらいだそうで、消去法的に決めてしまいました。 クロホシイシモ ・・・

コウライトラギスyg.

人間の大人の小指よりも一回り小さいくらいの(おそらく)子供のコウライトラギスです。 大人と子供で模様や形など大きく変わる魚は多いのですが、コウライトラギスは全くと言っていいほど同じなんですね。。。(大人の写真はこちら) ・・・

シマウミスズメ

かなり小さい固体でしたので、なぜかコンゴウフグと間違えて撮影していました。下のところにも書いたとおり、シマウミスズメの分別情報なんて海中じゃすっ飛んでしまっているので。。。 それにしても下の写真のヤツといい、撮影日が丸1 ・・・

チビヌメリ

例によって例のごとくネズッポ見分け方というマニアックなページ(非常に残念ながら閉鎖されていました。魚拓とっておけばよかった。)を参考にして、同定を試みたところ、 「雄の第一背鰭棘は糸状でない」←この写真では分かりにくいで ・・・