ハタ・ハナダイの仲間

28件の投稿があります。

アカオビハナダイ

下の写真でレアじゃないか?って話をしてましたが、伊豆半島の獅子浜では水深25~30mあたりに沢山いました(^^; 普段はマジョリティのキンギョハナダイやサクラダイよりも沢山いました。 ここに来たら、アカオビハナダイこそ普 ・・・

アカネハナゴイ

ハナゴイ・ハナダイが好きな僕としましては、アカネハナゴイのこんな綺麗な写真を見ている時は、なんともいえない至福の時間を過ごすことが出来るのですが、でもやっぱりコレ系の魚は華麗に泳ぎまわっているほうが、そりゃまた格段に綺麗 ・・・

アカハタ

粗い画像で申し訳なさいっぱいなのですが、個人的にはちょいとビックリしたのでアップしました。 何がビックリしたって、自分の知っているアカハタと全く違った色合いだったのにアカハタだったということです。 何かのハタ科の魚だろう ・・・

アザハタ

絶妙なタイミングで、目の部分にイシモチ形の小魚が入ったせいで目が異様にでかくてキレのある魚に見えてしまいます(そうでもない・・・?)。まあ、コレも狙って撮ったわけでして日々自分の実力に磨きがかかっているのかと思うと、この ・・・

イヤゴハタyg.

ハタの幼魚が異様に多かった2007年において、普段見ないけど良く見た魚No1がこのイヤゴハタの幼魚だったような気がします。 この年に多かったハタ科の種類は大型化するヤツでして、どれも獰猛な肉食類。と言うことはこの年は、ハ ・・・

オオモンハタ

多分80センチくらいの、私が見たことのあるオオモンハタの中でもかなり大き目のオオモンハタでした。伊豆で80センチといったら結構な大きさで、このくらいの大きさであと良く見るやつといえば、アオブダイぐらいでしょうか。 ちなみ ・・・

オオモンハタyg.

前回↓の2007年の写真の奴よりはもう一回り成魚に近づいた中成魚前半ってステージですかね。 幼魚のページに入れるか成魚のページに入れるか少し迷いどころでしたが、中成魚の後半っぽいのが成魚のページに居たので幼魚のページの方 ・・・

カケハシハタyg.

ミジンベニハゼと一緒に住んでいたという異色の経歴をもつ魚です。ハタの仲間なので、マハタしかり、かなり獰猛なのに同居していたというのは、魚界でのベジタリアンみたないものなんでしょうか?私が出会った時は、ミジンベニハゼの住処 ・・・

カシワハナダイ

八丈島のナズマドというポイントでカシワハナダイがぐっちゃりと群れてました。「ぐっちゃり」という表現がここまで似合う時ってのも少ないですね。阪神優勝した時の道頓堀くらいぐっちゃりでした。 そのぐっちゃりの中で、少し深場だっ ・・・

キハッソク

コンデジの天敵、黄色い魚の代表格のキハッソクです。 ホームグラウンドの伊豆などでもたまに見かけるのですが、警戒心が強く、そこそこ動き回るので一定以上に距離が縮められず、光届かず、写真ボケる、みたいな4連コンボをかましてき ・・・

キンギョハナダイ

キンギョハナダイって、場所によってあんまり動かないキンギョハナダイと、死ぬほど動き回るキンギョハナダイがいますよね。 ここ海洋公園2の根のキンギョハナダイは、動く動く動く。それはもう自分の縄張りを縦横無尽にドヒュンドヒュ ・・・

クエ

生きた化石みたいな写真になってしまいましたが、泣く子も黙る高級魚クエです。 そしてこのクエ、デカいなんてレベルではなく、推定1.5mくらいで重さは推測もできません。いくらになるんですかね~(いつもこの話ばっかり) これだ ・・・

ケラマハナダイ

日本のしかも伊豆だと、ケラマハナダイを見るのに何十メートルも深く行く必要があったのですが、ここマレーシアのマブール島では10メートルも行かないところに普通にいました。。。 海外とか沖縄とかに行くと一気に見る価値が下がる魚 ・・・

サクラダイ

この写真の個体は、ちょうどメスからオスに性転換するくらいのステージでしょうか。オスのように体が真っ赤ではなく、淡いオレンジにうっすら黄色のスジも見えつつ、オス特有の白い斑点模様がちらほら浮かびあがってきているところがっぽ ・・・

スジハナダイ

↓の10年前に撮ったスジハナダイと一緒のようなアングルですが、もちろん別物です。撮った場所も違いますし。 ただ、この伊東にいたスジハナダイは今まで見たスジハナダイよりも、と言いますか過去に見たあらゆるハナダイの中でダント ・・・

スジハナダイyg.

スジハナダイの幼魚で、大きさ的には3~5センチといったところでしょうか。 スジハナダイの成魚に比べると、特徴でもある赤い線が成魚だと体のどこかでクネって曲がっていることが多いのですが、幼魚だとバスっと真っすぐ素直に体を上 ・・・

スミレナガハナダイ

よくサロンパスハナダイと呼ばれているスミレナガハナダイですが、そのわけは上の写真でもわかるように、オスが婚姻色として身体の中央部にピンク色の四角い模様が現れ、これがあたかもサロンパスのような感じでそう呼ばれているみたいで ・・・

ツルグエ

水深でいいますと、だいたい40メートルくらいですかね。 初め岩穴から顔だけひょこっと出してて、この色合いじゃないですか 「うわっ、泳がない変なハナダイがいる」 って思ったんですね。調度この写真の様に、正面を向いてまして、 ・・・

ナガハナダイ

ナガハナダイのオス(婚姻色)です。東伊豆ではあんまり見かけないのですが、西伊豆だとちょっと深く行けばよく見かけます。逆にスジハナダイは西伊豆ではあまり見かけないですが、東伊豆ではよく見かけます。ここでいう東伊豆は、伊豆海 ・・・

ヌノサラシ

ヌノサラシはこの海的ダイバーサイトを作った時に、分類でどうしてもハナダイを別くくりにしたくてハタ科を細分化した時に、超絶マイナー種なのに亜科として成り立っていたヌノサラシ亜科のその名前の根源となった魚という事で、いずれゲ ・・・