スミツキベラyg.

スミツキベラ幼魚
撮影日:2001/08/10

名前だけは、ちらほらと聞いたことがあったので頭の片隅にありましたが、その正体・実物は全く未知の生物でした。この串本という地で、たまたまフォトジェニックな幼魚らしきものがいたのでビョーキもちのスズメダイの一種かと思いました)、撮っておいたところスミツキベラの幼魚ということが判明し、「あぁ、これが噂のスミツキベラの幼魚だったのね~」みたいな感じでした。

それにしてもスミツキベラは、必ず「幼魚」という枕詞?がつきます。スミツキベラがいたぜよ!」なんて会話は聞いたことがありません(私の聞いたことのある世界なんて本当にせまいですが・・・)。もしその会話があったとしても、おそらく「幼魚」という言葉が省かれているだけだろうとさえ思ってます(かなり勝手な言い分ですね)。 

幼魚だけが注目されることは、大人は99%不細工(見たことないですが)、ということでしょう。コロダイミナミハコフグツユベラのように…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク