イトフエフキ

イトフエフキ
撮影日:2011/10/01
撮影ポイント: 伊豆半島 伊豆雲見

ニゴニゴの雲見の海で見かけた、ニゴニゴに似合いすぎる地味な魚で、とりあえず記念撮影的に撮っておいたのですがあまりにも特徴が無さ過ぎてどこから同定をし始めたら良いのかが本当に迷いました。

こういう時の調べ方はネットでは非常に調べづらく、図鑑に頼って全件検索です。
タイ・フエダイ当たりの写真に全部目を通し、これに近しいなって言うのを見つけてクリップしつつ、それよりももっと似ているものが無いかを探していきます。近しい写真を見つけては解説を読んで特徴が一致するかを検証し、一致していたら今度はその名前をネットで検索して再チェックをして同定をして行くという地味な作業です。

見た目も地味な上に、同定作業も果てしなく地味です。

 
で、恐らくこれだろうというのがイトフエフキでした。

なんと、前にも調べてアップしてた!

完全に記憶の彼方に消え去られていた魚でした。。色味も全然違いましたし。。。

ちなみに検索した時も合わせたお勧めキーワードはイトフエフキ 食べ方というもので、やはり見るより食べるようの魚のようです。
※お勧めの食べ方は塩焼きのようです。

スポンサーリンク
イトフエフキ
撮影日:2009/09/13
撮影ポイント:伊豆大瀬崎

ネットや図鑑とかでイトフエフキのことを調べたりするとハマフエフキに似ている」とかよく書かれていますが、いやいやどう考えてもマダイの方が似てるっしょ。マダイの方が有名だし。スーパーとかでマダイ3000円とかで売られていても、あまり料理をしない奥様方とかは納得して買ってくれると思います。(あまり料理しない奥様はマダイなんて買わないか・・・)

簡単にイトフエフキの特徴だけを言いますと、背びれの2番目の棘がいきなり長い(1番前の棘の2倍くらい)というこの写真からは欠片も判断できない特徴と、体の真ん中より少し前方にうす暗い斑紋(アザみたいなの)があるというところでしょうか。
さらにしいて言えば、マダイより口がとんがっています。マダイが頭から間違って掃除機で吸われたような感じと言えばわかりやすいでしょうか(笑)

スポンサーリンク
  • メイチダイyg.メイチダイyg. 通称「何の変哲もない魚」。 私の中だけの通称なんです […]
  • クマザサハナムロクマザサハナムロ もうちょっと色が出てもいいかなと思いつつ、これが限界とも知 […]
  • マダコマダコ 下の写真もそうですが、顔のほんの数ミリ先にガンガゼの針が差 […]
  • ハコフグハコフグ 背中が青いとオスらしいので、下の写真はメスでこの写真はオス […]
  • キビナゴキビナゴ 海中にいる魚としては、食物連鎖の最底辺にいる魚です。よくブ […]
  • ムロアジムロアジ この写真で見ると、青光って全然っぽくないのですが(いやむし […]
スポンサーリンク