クダゴンベ

クダゴンベ
撮影日:2002/10/13
撮影ポイント: その他日本 高知県柏島

白地に赤の縞々模様。そしてヒョットコを思い起こさせる間抜け面。とても愛嬌があってゴンベ界のアイドルです(所詮ゴンベですが・・・)。住処にしている赤いヤギもとってもフォトジェニックです。 

僕がホームグラウンドとしている伊豆では、結構深場で、-30mよりも深いとこでしか見られませんでした。ですが柏島では、-20mにいました。マレーシアのシパダンに行った時は、もっと浅場にいました。
こういった、ハナダイとかある種のハゼなど、暖かい海に行けば行くほど浅場に出現する魚って、なんなんでしょうか?光・温度との関係から言えば、逆のような気がします。

ところで、この写真を見てると、なんとなくおいしそうに見えてくるのは僕だけでしょうか?なんか、カリッとしてて香ばしそうで…。そう、カッパエビセンというイメージが湧いてくるんですよね。カッパみたいな顔に、エビのような体、そしてセンがはいってる。「カッパ・エビ・セン」をここまでリアルに表現できる生物ってなんかやっぱりなんとなく、マ・ヌ・ケ?!

スポンサーリンク
  • クダゴンベyg.クダゴンベyg. クダゴンベの幼魚かと思います。成魚と見た目が変わらないので […]
  • アケボノハゼアケボノハゼ 洋のヘルフリッチ:和のアケボノと私の中では位置付けられてい […]
  • スジクロユリハゼスジクロユリハゼ 深い場所にいて、綺麗で、レアで、警戒心が強くて、隠れるまで […]
  • ハナゴンベハナゴンベ 画像全体が「もあぁぁ」としてますが、サーモクラインではあり […]
  • ピグミーシーホースピグミーシーホース ようやく、顔の写っている写真が撮れました。多少画像が荒いで […]
  • マンボウマンボウ とある漁場の生け簀でダイビングができる企画があり、なんとそ […]
スポンサーリンク