マンボウ

マンボウ
撮影日:2001/08/01
撮影ポイント: その他日本

とある漁場の生け簀でダイビングができる企画があり、なんとその時マンボウがかかっていたので、入らさせてもらいました。

非常に大きくなる魚で、その変わった形もあり、世間一般で人気の魚です。本物の泳いでるマンボウは、池袋のサンシャイン水族館で十数年前に見て以来です。

この個体は体長2メートル近くでしわしわもあり、かなり年食ってる模様でした。動きものろく、触れられる距離にいたので、この際記念にちょっとだけ触れてみました。

ブニョ。

非常になんともいえない気色悪い感覚です。ややゼラチンのようでいて硬い皮膚。弱ってたからでしょうかね?張りがなかったような。。。

そういや図鑑によると、マンボウはフグの一種のようです。何を基準にフグになるんでしょうか?フグといえば目と口のあたりがフグっぽくもなくはないですが、こんなうすっぺたいのじゃなくて、フグといえばもうちょっとデップリ感があって食いでがあってもいいのじゃないかと素人の私には思えます。

「フグだから」ということからでしょうか、伊豆の某和食店でマンボウの刺身を出してくれるところがあります。からし味噌でいただくのですが、一緒に行った多くの人の意見と同じく、と~ってもいただけないものでした。ビックリするほど淡白で美容にはよさそうですが、やや臭みの残るパサパサした肉質がたまりません

このマンボウはこのあと刺身になってしまったのでしょうか???食うほうも食われるほうもいい迷惑…。

スポンサーリンク
マンボウ
撮影日:2001/08/01
撮影ポイント:その他日本

う~ん非常にあじのある顔つきですね。
キバをつけるとスーパーマリオのミサイルみたいだなあと思ったのは、私だけでしょうか?

スポンサーリンク
  • ジンベエザメジンベエザメ 現在のところ世界最大の魚です。大きいものでは体長20mくら […]
  • オニカマスオニカマス 和名でオニカマス、通称バラクーダって言われています。一匹一 […]
  • オオセオオセ 2008年で最も興奮した魚の一つが、このオオセでした。体長 […]
  • テングノオトシゴテングノオトシゴ 2005年度7月~10月くらいにかけて大瀬崎湾内ではこのテ […]
  • ニシキフウライウオニシキフウライウオ ニシキフウライウオはカミソリウオを電波系にしたようなヘンテ […]
  • タツノオトシゴタツノオトシゴ ↓のタツノオトシゴをアップして、ちょうど11年後の全く同じ […]
スポンサーリンク