マツバギンポ

マツバギンポ
撮影日:2016/12/16
撮影ポイント: その他日本 高知県柏島

マツバギンポ、、、聴き慣れない名前。。

ガイドさんいわく、2010年ごろに命名された種なんだそうです。
私が持っているカエルアンコウイザリウオという呼び名で書かれているような図鑑にはもちろん載っていませんので、特徴をネットで調べてみました。

 
目の上の皮弁が松葉状なのが特徴。イソギンポは一本がピンっと立っているので見分けることができる。

 
うん、わかりずらっ!

この写真のやつも、眼状に確かにフォサッって感じの皮弁が出ているような気もしますが、ゴミにも見えます(笑)
だいたい「松葉状」って言葉も初めて聞きましたよ。

スポンサーリンク
  • ナベカナベカ ナベカも穴から顔出しにらめっこ系の魚なのですが、ナベカ自体 […]
  • ニジギンポニジギンポ どこからどう見たら、虹なんて綺麗な名前をつけられるのでしょ […]
  • イソギンポイソギンポ 穴から顔出しにらめっこ系のなかで、イソギンポはどちらかと言 […]
  • オウゴンニジギンポオウゴンニジギンポ オウゴンニジギンポに特徴って、目の後ろに黒い線がビヨ~ンと […]
  • テンクロスジギンポテンクロスジギンポ 久しぶりに取り上げるような気がします、穴から顔出しにらめっ […]
  • カモハラギンポカモハラギンポ カモハラギンポは、柏島に来て始めて見た魚なんですが、尻尾が […]
スポンサーリンク