イカ・タコの仲間

14件の投稿があります。

アオリイカ

夏前の伊豆海洋公園では、この写真のように木の枝をダイビングポイントに落として、アオリイカの産卵床を用意しています。 運が良いとその産卵床に無数のアオリイカが産卵に訪れてきます。 で、この時はちょうどその運を引き寄せた時で ・・・

イイダコ

貝殻のちょっと奥の方に隠れているのがイイダコ本体で、その前にぶら下がっている(バルーンアートとかで犬とか作りそうな)白い風船みたいなのが卵になります。色がついていたらゼリービーンズにも見えますね。 この小さな一個一個の房 ・・・

オオマルモンダコ

ヒョウモンダコと似たような風貌ですが、全てのブルーの模様がリング状になっているのが見分けるポイントです。ただ猛毒を持っているのは変わりないので、とりあえず青い模様があるタコには触れるなって事ですね。毒は、口からものを入れ ・・・

カミナリイカ

「でかっ」って感じのイカです。体長40cmくらいはあると思います。 甲の部分の模様がマダラなのはカミナリイカっていうみたいです。何も模様がないのはコウイカって言うらしいです。どっちでもいいです(笑) でも、名前のわりにこ ・・・

コウイカ

数年前に私トミヤマが書いた「イカとタコの見分け方」に書いたとおりのtheコウイカがいました。まさに甲がシマシマ。 でも甲がシマシマって言うのは「威嚇状態」なわけでして、威嚇対象ってもしかして自分?すまん、イカ。略してスイ ・・・

スナダコ

タコの見分け方のコーナーでも書いていますが、イイダコと非常に見分け方が困難なスナダコです。 見分けるポイントは足を広げた時に、足の付け根に見える2つの眼状紋があればイイダコ、無ければスナダコと言う感じなのですが、まあ写真 ・・・

トラフコウイカ

-30m付近のちょっと薄暗い場所に、急に現れた2匹のトラフコウイカ。写真を撮ってみましたが心霊写真みたいになってしまいました。半開きの目がコワイ・・・。 イカは結構臆病者なので、ストレスの無いように近づかなければ良い写真 ・・・

ハナイカ

イカなのに地べたを這いまわるとても綺麗なヤツです(誉めてんのか貶してんのか…)。 ところで、写真でも見ての通り?足が8本しかありません。イカだから10本あるのですが、残りの2本はどこに行ったのか? それは体の中にあって、 ・・・

ヒメコウイカ

伊豆のハナイカと勝手な呼ばさせていただいているのですが、ヨチヨチと歩く姿はその小さい姿ともあいまって本当に愛らしいものです。その愛らしさは、漁師達がオドリ食いしちゃうほど。いやいや、それは愛じゃないだろ。 愛と言えば、な ・・・

ヒョウモンダコ

ものすんごい猛毒の持ち主と言うことで、ダイバーの中ではかなり恐れられている存在のヒョウモンダコなんですが、私個人的には、この紫の紋様とかがけこうフォトジェニックで好きなやつではあります。そこそこレアだと思いますし。 ただ ・・・

ボウズコウイカ

イカと言うのは、激しく体の色を変化させるので見ていて本当に飽きない生物です。 特にこのボウズコウイカは体の部分が大きく、その変化がすごく分かりやすいので、目に留まると良く見入ってしまいます。本当は1時間ぐらいは見ていたい ・・・

マダコ

下の写真もそうですが、顔のほんの数ミリ先にガンガゼの針が差し迫っている、というよりもコイツが入ってしまっただけなんでしょうが。 マダコ的はガンガゼに刺されても痛くなさそうですが、それ以前にそんな間抜けなタコがいてもいいも ・・・

ミサキコウイカ

何か他のイカの幼魚(幼イカ?)かもしれませんが(最近こんなの多いな…)、独断と偏見が入り混じっている当サイトではミサキコウイカとしておきます。一応(←この言葉重要です)。 大きさは全長で5~7センチくらいで、色的にも目立 ・・・

メジロダコ

メジロダコの特徴は吸盤が白く見えるところにあるのですが、はっきり言ってこの写真じゃわからないんですよね。。。 潜る前にショップの方から、貝殻に入ったメジロダコがいますよっていう情報のみで同定しているので(おいおい)イイダ ・・・