タグ:「メス」

22件の投稿があります。

アカオビハナダイ

下の写真でレアじゃないか?って話をしてましたが、伊豆半島の獅子浜では水深25~30mあたりに沢山いました(^^; 普段はマジョリティのキンギョハナダイやサクラダイよりも沢山いました。 ここに来たら、アカオビハナダイこそ普 ・・・

イトヒキベラ

イトヒキベラのメスかと思います。 ベラの仲間はメスで生まれてオスに性転換するいきものだったような気がするですが、メスだとこの体側に緑色の線が入っている感じで、これがオスに転換すると↓のようなド迫力パワー全開で怪しく光りう ・・・

オハグロベラ

オハグロベラのオスの成魚です。 産卵期だったのでしょうか、体が真っ黄色に模様がかって、婚姻色バリバリでした。 婚姻色って、見てるこっちも元気が出ますよね、ってエッチ! 撮影日:2003/09/26 撮影ポイント:山口県青 ・・・

カシワハナダイ

八丈島のナズマドというポイントでカシワハナダイがぐっちゃりと群れてました。「ぐっちゃり」という表現がここまで似合う時ってのも少ないですね。阪神優勝した時の道頓堀くらいぐっちゃりでした。 そのぐっちゃりの中で、少し深場だっ ・・・

カミソリウオ

赤色と言うよりは、なんだか半分透明な感じでピンク色に近いカミソリウオです。 胸鰭やクチの先なんかも本当透けているというか、破れているような感じで、ちょっと栄養失調気味ですかね。。養殖でもないのに、魚の栄養状態を心配するダ ・・・

カンムリベラ

まだ写真を始める前ですが、幼魚は伊豆で何回か見てました。とてもかわいいヤツです。 成魚もオスを見た事があります。頭がモコッと出て、とても勇ましいヤツです。 でも写真に収められたのは、もっとも変哲の無いメスの成魚でした。 ・・・

クマノミ

これが多くのダイバー・ノンダイバーをひっくるめて大人気のクマノミです。海中の絵を描かせるとイルカの次くらいに頻繁に出現します。まあ、住処がイソギンチャクと言うのがまたイヤラシクも絵になるのでしょうなあ。 ただその容貌とは ・・・

コガシラベラ

八丈島の水深7~8mのところで、沢山のコガシラベラが集まって産卵活動をしていました。 全く昼間っからパンパンパンパン子づくりしております。魚だから神秘的な活動に見れるものの、これが人間だったら一大ニュースですからね。 と ・・・

コブヌメリ

伊豆の砂地で地べたを這いずり回っていると、そこそこ見かけるやつです。上から見ているとコブヌメリが動かない限りなかなか目に留まらないです。まあ目に止まった所で注目する度合いもかなり低いですけれども。。 ところで私は、本質が ・・・

サクラダイ

この写真の個体は、ちょうどメスからオスに性転換するくらいのステージでしょうか。オスのように体が真っ赤ではなく、淡いオレンジにうっすら黄色のスジも見えつつ、オス特有の白い斑点模様がちらほら浮かびあがってきているところがっぽ ・・・

スジベラ

下でアップした時に「雌はやや赤っぽく、オスは緑っぽい体色をしている」という超絶曖昧な見分け方に苦悶していたのですが、このスジベラを見たとき「いやいやほんとどっちとでもいけるじゃないか!」と悶々度Maxになったですが、撮り ・・・

タコベラ

ヒレがチラッとではなくて、バッと開いた写真がようやく撮れました。 婚姻色というのもありますが、綺麗ですよね。特にこの扇のような尾が個人的に好きです。 惜しむらくは、ピントがちょっと甘いというのと、タコベラっていう名前でし ・・・

トサヤッコ

八丈島に一緒に行った某U氏。私なんかよりもずっと伊豆方面の海のことを知っている方なんですが、成魚がこの水深(20m付近)で見れることに大変驚いていました。ちなみにU氏は八丈島ナズマドに潜られるのは今回がはじめてだそうで。 ・・・

ナガハナダイ

ナガハナダイのオス(婚姻色)です。東伊豆ではあんまり見かけないのですが、西伊豆だとちょっと深く行けばよく見かけます。逆にスジハナダイは西伊豆ではあまり見かけないですが、東伊豆ではよく見かけます。ここでいう東伊豆は、伊豆海 ・・・

ノドグロベラ

大きさ的に10センチそこらだったので「なんかのベラの幼魚だろうな」といった感じで撮っていたのですが、家に帰って図鑑をひっくり返してみると模様的にもうメスの大人の模様になっているんですよね。10年くらい前は、伊豆では死滅回 ・・・

ハコフグ

背中が青いとオスらしいので、下の写真はメスでこの写真はオスっぽいですね。 しかし、伊豆の若干きたないグリーンの海でもハコフグオスにライトを照らしたときに出るこの鮮やかなブルーはなんか心が癒されます。ライトをつけないと、ど ・・・

ヒメブダイ

海外の透明度が良い海なはずなのに、暗くて色が出ていないとはこれ如何に! 海の中では、すばやい魚と光の調節というのは天敵の関係でして、光を取り入れると被写体がぶれるし、しっかり撮ろうとすると色がなくなるしで、最終的な選択肢 ・・・

ブダイ

苦節3年ようやくマトモなブダイを撮ることが出来ました。メスですが、まあそれはいいとしましょう。漸く写真のスタートラインに立てたような気がします。だってブダイですもん。 今度はオスの剥き出しの歯で、岩をガリガリやっている勇 ・・・

ホタテツノハゼ

一つ断っておきますが、こちらシルエットクイズではございませんよ。 撮影距離は遠いし、だから色飛んでるし、画像粗いし、とダメを押せばキリが無いのですが背びれ広げているからホタテツノハゼとなんとなくわかる写真かと思いおます。 ・・・

ムスメベラ

伊豆ではちょいちょい見るムスメベラですが、今回見た個体は尻尾の先の部分が黄色いんですよね。 この模様の違いって、だいたい別種判定されていることが多いので、この個体を撮ったときも 「よっしゃ!新種ゲット!たぶん名前はシリキ ・・・