ヤガラ・ヨウジウオの仲間

25件の投稿があります。

アオヤガラ

世にも奇妙な形をした、この竹やりのようなスリム~な魚(一応)、それがアオヤガラです。一般的には食卓にも上がらないし、ほとんどお目にかかることがない魚だと思いますが、ダイビングをしてると結構見かけます。 普段は2~3固体で ・・・

アオヤガラyg.

ムチヤギの群生の中で不意に身に飛び込んできた体調5センチくらいの木の枝・・・かと思っていたら、ピュンと動いたので近づいて撮ってみたところこの風貌でした。 はじめは何かヨウジウオ系の魚かなと思っていたのですが、さすがに空中 ・・・

イシヨウジ

イシヨウジは、ヨウジウオの中でも比較的目に付きやすい存在ではないかなと思います。まあまあ見ていてとても可愛いと思います(変態?)。 でもヨウジウオって一匹だから許せるんですよね。もしこれが、イワシの群れのごとく数万匹の群 ・・・

イバラタツ

イバラタツなんて南の島とかに行かないと見れないのかと思っていて、マブールでピントの合わない写真しか撮れなかったことを相当後悔していたのですが、日本にしかも伊豆にいました!ビバ伊豆! 早朝一番で潜りに行って「いる」と言われ ・・・

ウミテング

ここまで寄り寄りで撮ってしまうと、もはや何の可愛いさもなくなってしまいますね。。 やや筋肉質な尾びれ元や胸鰭元にある筋模様の気持ち悪さや、背中の窪みに乗ってしまった砂利を払いのけたい衝動など、生き物を見るという視点とは程 ・・・

オイランヨウジの一種

一種と言うことで、とりあえず日本にはいない種類だそうです。見た目は普通にオイランヨウジですが・・・。英名ではオレンジワームパイプフィッシュとかで(たぶん)、ああパイプね・・・と妙に納得した覚えがあります。 とりあえず、日 ・・・

オオウミウマ

タツノオトシゴ系の魚?です。名前はオオウミウマ。 う、馬なんだ。。。 そこで、阿漕なトミヤマは思いついたわけです。これは辰年と午年二回年賀状につかえるな、、、と。( ゚Д゚)ウマ~ うわ~、狡いなぁ~!(付け足しの顔文字 ・・・

オクヨウジ

なんだかヤセ細って「飢餓感が半端ないヨウジウオがいるな」っと思って写真を撮っていたのですが、ヨウジウオとは別種の初めて聞く名前のヨウジウオでした。 特徴は吻(口先の部分)が中くらいとか、タツノオトシゴのように尻尾で藻にな ・・・

カミソリウオ

赤色と言うよりは、なんだか半分透明な感じでピンク色に近いカミソリウオです。 胸鰭やクチの先なんかも本当透けているというか、破れているような感じで、ちょっと栄養失調気味ですかね。。養殖でもないのに、魚の栄養状態を心配するダ ・・・

サンゴタツ

聞く話によると、毎年、伊豆のどこかしらでは見ることができるっぽいのですが、私自身は人生初お目見えの種でした(おおげさですが…) サンゴタツはコイツの存在が日本で見つかる種と分かるまで、日本で最小のタツノオトシゴでした。が ・・・

ダイダイヨウジ

深く行ってもカメラのハウジングが曇らないように、しっかりと湿気対策をして、10年越しでダイダイヨウジ狙いで潜ってみました。水深35mくらいです。一緒に潜った連中はハナダイ見てました。(=_=) 水深30m以深で、せっまい ・・・

タカクラタツ

オオウミウマとは目の上に角が生えているか生えていないかで分別するそうで、頭の上にかすかに生えている角を見る限りタカクラタツなんだと思います。 そんな些細なところで分別をつけるところといい、タカクラダツではなく、あえて言い ・・・

タツノイトコ

クローズアップレンズ(コンデジのレンズの前に虫眼鏡みたいなのをつけます)をつけて撮影をすると、こんなに寄れて綺麗に写ってしまうんだからステキ! ただ問題点は、動きの速いやつには向いていないと言うことと、何かとっさに遠くの ・・・

タツノオトシゴ

↓のタツノオトシゴをアップして、ちょうど11年後の全く同じ日という奇遇な日にタツノオトシゴらしき生物に出会いました。 こちらの写真の奴も、頭頂部の出っ張りが大きく、ハナタツというよりはタツノオトシゴなんじゃないかなぁと思 ・・・

テングノオトシゴ

2005年度7月~10月くらいにかけて大瀬崎湾内ではこのテングノオトシゴがアイドル的な存在として君臨していました。それにしても、すさまじい勢いでダイバーが列をなして写真を撮りまくっており、コイツもこんなところに生まれたば ・・・

ニシキフウライウオ

私の大好きな三大美魚の一つ、白赤のニシキフウライウオですが、ほんと極稀に伊豆にも流れてきて噂になることがあります。 伊豆では過去1回だけ(15年くらい前)この白赤のニシキフウライウオを見ているのですが、その時はまだカメラ ・・・

ノコギリヨウジ

このガンガゼとの対比でも分かるかと思いますが、結構なチビすけ2匹でした。 2匹いると嬉しく思う反面、写真を撮ろうとするとかなり難しく2匹が同じフレーム内でまともになる瞬間というのがなかなか訪れないです。1匹でも難しいのに ・・・

ハナタツ

ハナタツって「よ~し今日はハナタツでも見つけてみようかな」と意気込むと、私の場合絶対見れないのですが、ホント不意に見つかることが多いです。何の前触れも無く、たまたま目の前にいたみたいな感じで、この時も他の魚を撮影するため ・・・

ピグミーシーホース

海外とか、柏島みたいな超絶変わった場所にしかいないのかと思っていましたが、人気が出てきて存在が知れ渡るようになると全国各地で見つかるものなんですね。 こちらの個体は八丈島でしたが、伊豆半島にも同じウミウチワがあるので居る ・・・

ヒフキヨウジ

吻が短くて、模様に特徴がないので、おそらくヒフキヨウジだと思います。(最近こんな同定ばっかw) ヨウジウオって「どうやって移動しているのかな」と前から不思議に思っていたんですが、拡大写真を撮ってみると、体の下に白いちいさ ・・・