撮影ポイント:伊豆井田

21件の投稿があります。

アサヒアナハゼ

カジカ属の魚(特に伊豆で見やすいアナハゼの仲間)は、動かない・獰猛な面構え・幾何学的な模様と個人的には絶好の被写体と密かに思ってい ・・・

イネゴチ

コチの中で、このイネゴチはなかなか見ない種類かと思います。どこにもイネ~ゴチなんてことは口が裂けてもリアル世界では言えたものではな ・・・

オオガラスハゼ

毎度毎度これがガラスハゼとどこが違うのかということを悩んではいますが、最近では雰囲気ベースになってしまっております。。 ホソガラス ・・・

オオモンハタ

多分80センチくらいの、私が見たことのあるオオモンハタの中でもかなり大き目のオオモンハタでした。伊豆で80センチといったら結構な大 ・・・

オニゴチ

コチの仲間がいると思って近づいてみると、頭の目の上の部分が白く「うわ~寄生虫にでもやられているのかな・・・?」と、完全にマゴチかワ ・・・

オルトマンワラエビ

結構な至近距離にオルトマンワラエビが2匹、居着いていました。 オスメスのペアなんですかね?どっちがオスでどっちがメスかもさっぱりわ ・・・

カエルアンコウ

真っ黒のカエルアンコウは初めて見ました。まあ、真っ黒は撮りにくいですね。目もドコにあるかわからないですし。 頭の上の砂利をどうにか ・・・

ガラスハゼ

撮影した時は、良い感じに背景が黒くなって、ガラスハゼが浮き彫りになっているなと思っていたのですが、帰ってPCの画面上で見たら、そう ・・・

コクチフサカサゴ

コクチフサカサゴとフサカサゴと言う魚がいまして、どちらもかなり似ているのですが、コクチフサカサゴの方が①口が小さい(目玉の位置より ・・・

タカベ

よく、ウメイロと間違えてしまう魚です。ウメイロと間違うわりに、ウメイロモドキとは別種なので困ったものです(<自分だけ)。 ウメイロ ・・・

トラギス

トラギスについて詳しくは無いので、この写真のトラギスが、カップルなのか親子なのか検討も付きませんが、2匹揃っておもいっきりコチラを ・・・

ハオコゼ

5年前くらいに書いていたこのページの一番最後の伊豆大島で見たハオコゼの文章ですが、今頃になって気がつきました。ハオコゼはかなり面白 ・・・

ハナタツ

ハナタツって「よ~し今日はハナタツでも見つけてみようかな」と意気込むと、私の場合絶対見れないのですが、ホント不意に見つかることが多 ・・・

ハワイウツボ

ガッツリと伊豆での撮影ですが名前はハワイウツボです。どのアタリがハワイなのかは皆目検討はつきません。昔、太平洋と大西洋、ハワイがあ ・・・

ヒメユリハゼ

リベンジかというと、それほどでもない写真です。 背びれアタリの色が何とか撮れた&顔が写っている・全身が写っているというごくごく当た ・・・

フサカサゴ

コクチフサカサゴとの違いは、コクチフサカサゴのところで書いた感じですが、①口が小さい(目玉の位置よりも口の端が前にある)というとこ ・・・

ホンベラ

どこかで聞いた話なんですが、ホンベラというのは伊豆で一番見ることが出来るベラなんだそうです。要はベラの最大派閥、自民党竹下派みたい ・・・

マツバスズメダイ

構図としては個人的にすきなんですが、いかんせん光の具合が悪く、雑な写真になってしまいました。 暗がりにいることが多く、1匹だけいる ・・・

マトウダイ

’08年の初ダイブでもマトウダイを見ることができました。年度の初ダイブでしか見られないのかな。。 今回は、下の写真の前 ・・・

ムスメウシノシタ

この写真のムスメウシノシタは普段いる砂地ではなく砂利地(岩地)を徘徊していたのですぐ目にとまりました。 全長が10センチくらいなの ・・・
スポンサーリンク