タグ:「変な形」

51件の投稿があります。

アオサハギ

アミメハギは網目って感じでわかりやすいかなと思っているのですが、アオサハギって、この小さい500円玉サイズのカワハギみたいな子の中で、縦線(縦じま)が線または点々で入っている子っていう判別をしていまして、この写真の子のよ ・・・

アオヤガラyg.

ムチヤギの群生の中で不意に身に飛び込んできた体調5センチくらいの木の枝・・・かと思っていたら、ピュンと動いたので近づいて撮ってみたところこの風貌でした。 はじめは何かヨウジウオ系の魚かなと思っていたのですが、さすがに空中 ・・・

イシヨウジ

イシヨウジは、ヨウジウオの中でも比較的目に付きやすい存在ではないかなと思います。まあまあ見ていてとても可愛いと思います(変態?)。 でもヨウジウオって一匹だから許せるんですよね。もしこれが、イワシの群れのごとく数万匹の群 ・・・

イバラタツ

イバラタツなんて南の島とかに行かないと見れないのかと思っていて、マブールでピントの合わない写真しか撮れなかったことを相当後悔していたのですが、日本にしかも伊豆にいました!ビバ伊豆! 早朝一番で潜りに行って「いる」と言われ ・・・

イボイソバナガニ

名前の似ているイソバナガニとは親戚みたいな感じではありますが、近い親戚というよりは遠い親戚で、分家の分家みたいな(本家がどっちかわかりませんが)関係で恐らく顔も合したことないんじゃないかと。 何しろイソバナに住んでません ・・・

ウミテング

ここまで寄り寄りで撮ってしまうと、もはや何の可愛いさもなくなってしまいますね。。 やや筋肉質な尾びれ元や胸鰭元にある筋模様の気持ち悪さや、背中の窪みに乗ってしまった砂利を払いのけたい衝動など、生き物を見るという視点とは程 ・・・

オイランヨウジの一種

一種と言うことで、とりあえず日本にはいない種類だそうです。見た目は普通にオイランヨウジですが・・・。英名ではオレンジワームパイプフィッシュとかで(たぶん)、ああパイプね・・・と妙に納得した覚えがあります。 とりあえず、日 ・・・

オオウミウマ

タツノオトシゴ系の魚?です。名前はオオウミウマ。 う、馬なんだ。。。 そこで、阿漕なトミヤマは思いついたわけです。これは辰年と午年二回年賀状につかえるな、、、と。( ゚Д゚)ウマ~ うわ~、狡いなぁ~!(付け足しの顔文字 ・・・

オオワレカラ

一緒に潜った友人が教えてくれたのですが、私の中では全く知らない海の生き物でした。教えてもらったその瞬間は 「やべぇもん見つけちゃったよ!」 と新種発見と言わんばかりにワクワクしていたのですが、伊豆には結構いることがわかり ・・・

オクヨウジ

なんだかヤセ細って「飢餓感が半端ないヨウジウオがいるな」っと思って写真を撮っていたのですが、ヨウジウオとは別種の初めて聞く名前のヨウジウオでした。 特徴は吻(口先の部分)が中くらいとか、タツノオトシゴのように尻尾で藻にな ・・・

オルトマンワラエビ

桃色背景度合いが非常に高いオルトマンワラエビですが、そんな桃色背景の中に見つけてしまうと必ず撮ってしまいます。 そして、この手足の長い被写体を全身を入れて撮影すると、ほぼ構図的に面白くない写真になってしまいます。。。 何 ・・・

カマスベラ

シルエットでパッと見はヘラヤガラっぽいんですが、明らかに顔は全然違うし、顔だけで言ったらまさにカマスっぽい感じで図鑑を見ていたのですが、こんなにウロコウロコしたカマスっていないんですよね。 ということで長年お蔵入りしてい ・・・

カミソリウオ

赤色と言うよりは、なんだか半分透明な感じでピンク色に近いカミソリウオです。 胸鰭やクチの先なんかも本当透けているというか、破れているような感じで、ちょっと栄養失調気味ですかね。。養殖でもないのに、魚の栄養状態を心配するダ ・・・

クダゴンベ

ダイビングを始めた90年代、2000年代初頭までは深場の超レアものアイドルだったクダゴンベですが、カッパエビセン的な風貌のせいか、人気者過ぎてみんなで発見しまくっているせいか(たぶんそれ)そこまで話題に上ることも少なくな ・・・

クダゴンベyg.

こちもサイズ的には5センチ無いくらいの極小サイズでした。 写真を撮ってみて思ったのですが、こんなに透けてましたっけ?? ↓の前回撮った写真では、何をもって成魚か幼魚かと言えるのか全く断定の余地が無かったのですが、うっすら ・・・

コナユキツバメガイ

貝って名前付いていますが、ウミウシの仲間だそうです。ん?そもそもウミウシって貝の仲間か?? ウミウシに興味が無さすぎるのがにじみ出てますね・・・ コナユキツバメガイを初めて見たとき、その風貌が寿司ネタのツブガイに似ていた ・・・

コノハミドリガイ

この写真だとフラッシュの光で薄くなってしまったのですが、実際に見てみるとかなり緑色が濃く、木の葉(コノハ)というよりは生八つ橋にしか見えませんでした。(ゴマ塩振りバージョン) ちなみにミドリガイっていうから、貝殻から抜け ・・・

コブダイ

個人的には2010年以降伊豆半島でもコブダイ成魚は通年で良く見かけるようになりました。(逆にアオブダイを見なくなったかも・・・) 最近では大きいくせに付いて回ってくる、すこし鬱陶しい存在みたいにもなりつつある感じですが、 ・・・

サルパ

<追記> クラゲの仲間って感じで紹介していましたが、先日たまたま見たテレビでサルパっていう不思議な生物紹介がされていて「あ!これ例のアレだ!」とピンときてポンと抜けた状態で(どんな状態?)名前が判明したので更新しました。 ・・・

サンゴタツ

聞く話によると、毎年、伊豆のどこかしらでは見ることができるっぽいのですが、私自身は人生初お目見えの種でした(おおげさですが…) サンゴタツはコイツの存在が日本で見つかる種と分かるまで、日本で最小のタツノオトシゴでした。が ・・・