タグ:「隠れ上手」

70件の投稿があります。

アカスジカクレエビ

アカスジカクレエビってちっちゃくて透明なので、写真にしても輪郭がどの辺なのかいまいちよくわかりません(笑) 足とかどうなっているんですかね。 いっそのこと体全部透明にすればよかったのに、歌舞伎役者ばりに赤と白で模様を主張 ・・・

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠れているのかと思って拡大したり、同じ個体の他の写真を舐めて見てみたのですがそれらしき個体はおらず、1 ・・・

アケウス

アケウスという名の生物については当初全く情報がなかったのですが、とあるとき某友人がナイトダイビングをしたときに見つけたと大層自慢してくるので、その時から私の辞典の中に入ってきました(嫌な辞典だこと…)。初めて聞いたときは ・・・

アンコウウバウオ

非常に写真だとわかりづらいのですが、中央にいる黒っぽいにょるっとしているのがアンコウウバウオです。左を向いていて頭の部分が白いのがアンコウウバウオの特徴だそうです。 ハシナガウバウオに比べて、ウバウオっぽいフォルムと動き ・・・

イイダコ

貝殻のちょっと奥の方に隠れているのがイイダコ本体で、その前にぶら下がっている(バルーンアートとかで犬とか作りそうな)白い風船みたいなのが卵になります。色がついていたらゼリービーンズにも見えますね。 この小さな一個一個の房 ・・・

イシヨウジ

イシヨウジは、ヨウジウオの中でも比較的目に付きやすい存在ではないかなと思います。まあまあ見ていてとても可愛いと思います(変態?)。 でもヨウジウオって一匹だから許せるんですよね。もしこれが、イワシの群れのごとく数万匹の群 ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れることなく撮影することが困難なんですよね。。 この時なんかは、うまく外におびき寄せたなと思った刹那、海 ・・・

イソギンポ

穴から顔出しにらめっこ系のなかで、イソギンポはどちらかと言うと可愛くないなと思ってしまいます。 鼻の下がビローンと伸びきっている辺りとか、仏頂面なあたりとか、なんとなく愛らしさが無いです。 でも、そんなに可愛くは無いので ・・・

イソコンペイトウガニ

このイソコンペイトウガニは、これまた一際小さいトゲトサカに住み着いていました。 人間で言えば六畳一間といった具合の感じでしょうか。 まあ、一時期私も六畳一間的なところに住んでいたこともありましたが。。。 うん、でもよくよ ・・・

イソバナガニ

イソバナと言うのは、この写真に写っている海中に生えるサンゴの一種です(赤い枝みたいなの)。で、そこに生息しているカニだから、こんな名前がついています。 でも思うのは、たまたまイソバナガニが居着くのがイソバナが多いだけで、 ・・・

イネゴチ

コチの中で、このイネゴチはなかなか見ない種類かと思います。どこにもイネ~ゴチなんてことは口が裂けてもリアル世界では言えたものではないので、ここで言わさせてもらいます。大様の耳はロバの耳的な発想です。このサイトはボツダジャ ・・・

イバラタツ

イバラタツなんて南の島とかに行かないと見れないのかと思っていて、マブールでピントの合わない写真しか撮れなかったことを相当後悔していたのですが、日本にしかも伊豆にいました!ビバ伊豆! 早朝一番で潜りに行って「いる」と言われ ・・・

イボイソバナガニ

名前の似ているイソバナガニとは親戚みたいな感じではありますが、近い親戚というよりは遠い親戚で、分家の分家みたいな(本家がどっちかわかりませんが)関係で恐らく顔も合したことないんじゃないかと。 何しろイソバナに住んでません ・・・

イロカエルアンコウ

私もカエルアンコウの魅力にひきつけられた数多いダイバーの一人であります。どこに魅力を感じるのかというは、魚自体の造形とか綺麗さではなく、見つけ出すこと&見つけ出した時の自分に酔えるからです。 上手に擬態して隠れているのを ・・・

ウルマカエルアンコウ

大きさ約30cmくらいでしょうか。例えるならサッカーボール?日本でこんなに大きなカエルアンコウを見た事はなかったです。 ただやっぱりそこはカエルアンコウ。相変わらずドンクサイ。ほとんど動かないし、歩かせようとしてちょっと ・・・

オオウミウマ

タツノオトシゴ系の魚?です。名前はオオウミウマ。 う、馬なんだ。。。 そこで、阿漕なトミヤマは思いついたわけです。これは辰年と午年二回年賀状につかえるな、、、と。( ゚Д゚)ウマ~ うわ~、狡いなぁ~!(付け足しの顔文字 ・・・

オオガラスハゼ

毎度毎度これがガラスハゼとどこが違うのかということを悩んではいますが、最近では雰囲気ベースになってしまっております。。 ホソガラスハゼは「日本のハゼ」という日本で見れるハゼ470種を掲載しているある意味オバケ図鑑の情報で ・・・

オオモンカエルアンコウ

伊豆海洋公園の砂地に降りる直前に突如現れたオオモンカエルアンコウ。体長3~40センチくらいでしょうか。 前々からいて、徐々に大きくなって、、というような段階を踏んでヌシのような感じで成長を見守りながらこの大きさで見られる ・・・

オオワレカラ

一緒に潜った友人が教えてくれたのですが、私の中では全く知らない海の生き物でした。教えてもらったその瞬間は 「やべぇもん見つけちゃったよ!」 と新種発見と言わんばかりにワクワクしていたのですが、伊豆には結構いることがわかり ・・・

オクヨウジ

なんだかヤセ細って「飢餓感が半端ないヨウジウオがいるな」っと思って写真を撮っていたのですが、ヨウジウオとは別種の初めて聞く名前のヨウジウオでした。 特徴は吻(口先の部分)が中くらいとか、タツノオトシゴのように尻尾で藻にな ・・・