タグ:「ペア」

23件の投稿があります。

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビって、名前のわりにイソギンチャクに居ついていることが少なく、岩の上とかにいることが多いような気がする ・・・

オジサン

「オジサンが結構群れてましたね」(by青海島ガイド) この言葉を聞いて真っ先に頭に思い浮かんだのは、満員電車に揺られて蒸 ・・・

オシャレカクレエビ

でたなっ、バルタン星人っ!!!とおもわず叫びたくなるような、非常に特徴のある顔をもったエビです。とくに、目のぐにょ~ん具 ・・・

オルトマンワラエビ

桃色背景度合いが非常に高いオルトマンワラエビですが、そんな桃色背景の中に見つけてしまうと必ず撮ってしまいます。 そして、 ・・・

カグヤヒメウミウシ

この風貌と名前からして月に帰っても致し方ないというか、どちらかというと月に潜んでそうな未確認不明生物っぽいのですが、残念 ・・・

カミソリウオ

赤色のカミソリウオです。 伊豆では、この赤茶色の個体と緑の個体(前回撮影時)をよく見る気がします。そして、これも曖昧な記 ・・・

ギンガハゼ

銀河の果てならぬ銀河のハゼ・・・ギンガハゼ。 そんな光の彼方の遠くから地球を救いにやってきた救世主と言うよりは、極悪人と ・・・

クロホシイシモチ

クロホシイシモチの下部から白いひも状のものがタレ流れていました。なんでしょう、ウンコか、あるいは排卵した後の卵の袋カスか ・・・

クロユリハゼ

この名前から、なんか美人お姉さまを想像しますよね。ハゼのクセにって感じになっちゃいます。 でもハゼのクセに、頻繁に宙を泳 ・・・

コールマンズシュリンプ

イイジマフクロウニという結構きつい毒を持ったウニに生息しているため、写真で近づいて撮るのにビクビクしていたわけであります ・・・

スジクロユリハゼ

深い場所にいて、綺麗で、レアで、警戒心が強くて、隠れるまではほとんど動かない、etc.とマクロ被写体としてのタイトル総な ・・・

ダイダイヨウジ

深く行ってもカメラのハウジングが曇らないように、しっかりと湿気対策をして、10年越しでダイダイヨウジ狙いで潜ってみました ・・・

チークバーカーディナル

海外版クロホシイシモチとでも言いましょうか。良くはわかりませんが、系統的にはイシモチの仲間でしょう。日本にはいない種類だ ・・・

ツノダシ

名前のごとく背中から長いひれがひゅーっと伸びたとても特徴的で、熱帯の香りがするけど伊豆なんかでもごろごろいる魚です。 で ・・・

ニシキテグリ

ダイビングを始めて魚図鑑とかにのめりこみ始めた頃から、私の中で3大美魚(サンダイビギョ)というランクの魚がいまして、一匹 ・・・

ネジリンボウ

砂場のアイ魚ルネジリンボウです。 ダイビングを10年以上やっていても、見れるとわかれば見にいってしまうとても不思議な魅力 ・・・

ノコギリヨウジ

このガンガゼとの対比でも分かるかと思いますが、結構なチビすけ2匹でした。 2匹いると嬉しく思う反面、写真を撮ろうとすると ・・・

ハタタテハゼ

ハタタテハゼは、南の島に行くと結構そこかしこにいます。伊豆なんかでもちょくちょくいるみたいです。(伊豆じゃあ結構レアだか ・・・

ビシャモンエビ

ビシャモンエビはムチカラマツに宿るエビでこのムチカラマツのデコボコに擬態して一生をすごしています。 モエビ科のエビなんで ・・・

ヒレナガハギ

ヒレナガハギを見たとき、あまり見慣れない魚だったので、思わず「うわーすげーなんか見ちゃいけないもの見ちゃったのかも」とや ・・・
スポンサーリンク