タグ:「共生」

33件の投稿があります。

アカホシカクレエビ

前回アップした写真でもそうなんですが、アカホシカクレエビってハサミの腕が4本もあるの?? 一瞬小さい個体がもう一匹下に隠れているのかと思って拡大したり、同じ個体の他の写真を舐めて見てみたのですがそれらしき個体はおらず、1 ・・・

イソギンチャクエビ

前回撮影したイソギンチャクエビもそうですが、その名前の元ともなっているイソギンチャクとの共生のお陰で、バチっと全身隠れることなく撮影することが困難なんですよね。。 この時なんかは、うまく外におびき寄せたなと思った刹那、海 ・・・

イソギンチャクモエビ

イソギンチャクモエビって、名前のわりにイソギンチャクに居ついていることが少なく、岩の上とかにいることが多いような気がするのですが、今回は珍しく?イソギンチャクの中にいました。 にもかかわらずイソギンチャクはフレームアウト ・・・

オイランハゼ

オイランハゼ、尻尾が無ければイランハゼ(尾「お」が無い)。 だから何? 的なノリのハゼです(意味わかりません)。いやハタミ大統領がどうのとか言うわけではなく、ただ単に思いついた事を書いただけでした。まあ、なかなか綺麗な模 ・・・

オニハゼ

伊豆でよく見るのはダテハゼですが、頭だけ出ているところを見るとこのオニハゼもダテハゼに見えてしまいます。首から少し下くらいまで、体が出ていると「お、オニハゼじゃん」と少し嬉しくなった気分になります。何でしょうこの気分?恋 ・・・

オランウータンクラブ

実際の名称はまだ無く正確には「クモガニの一種」だそうですが、マレーシアとかにいる元祖オランウータンクラブとは絶妙にどこか違ってるらしいのですが(忘れた)、そんなモン知ったこっちゃありません。 実際の大きさが3~4cmくら ・・・

オレンジフィンアネモネフィッシュ

和名が付けられていないクマノミの仲間です。日本のクマノミとは名前のごとくヒレがオレンジ色なところが違いだったような気がします。それ以外はイソギンチャクと共生していたり、卵の産み付け方とか、性転換するところとかみんな一緒で ・・・

カクレクマノミ

ファインディングニモで爆発的に全世界に知れ渡ってしまいましたが、我々取材班は先取って、まさに先撮りしていたわけでございます(オソマツ)。 この写真のヤツは特に色が綺麗で、まだ幼魚から成魚になる途中の穢れ無きヤツだったので ・・・

カザリイソギンチャクエビ

イソギンチャクに住み込むエビ達は、そのエビの種類によって住み込むイソギンチャクの種類も違うみたいです。カザリイソギンチャクエビの場合ですと、この人間のしょぼんだ男性器(失礼)みたいなイソギンチャクに住み込んでいることが多 ・・・

カスリハゼ

砂地に穴を掘ってエビと共生する一族のハゼです。 有名どころだとネジリンボウとかヤシャハゼとか、マニアックどころだとクサハゼとかオニハゼとかいて、カメラに納めようとするのに砂や泥の上をズルズルと超絶スローで這い寄ることに快 ・・・

キツネメネジリンボウ

キツネメネジリンボウはレアで、人気者で、日本固有種で、砂の中にいて、共生で暮らす、南方種というタグ六冠をたたき出す人気ハゼです。 ザ・ネジリンボウもその風貌からかなりの人気種ですが、頭部が黄色くないというだけで圧倒的にレ ・・・

ギンガハゼ

銀河の果てならぬ銀河のハゼ・・・ギンガハゼ。 そんな光の彼方の遠くから地球を救いにやってきた救世主と言うよりは、極悪人という面構えしちゃってる気がします。まあ、確かにこの顔中のポチポチが銀河に見えなくもないですが、誰かが ・・・

キンチャクガニ

前回撮影した↓のキンチャクガニは片腕がもがれて、イソギンチャクを片手でしか持っておらず痛々しい写真ではありましたが(痛々しいと思っているのは自分だけのような気がしますが)、何とか両手イソギンチャク持ちのキンチャクガニを撮 ・・・

クサハゼ

前回の撮影の時、泥の貴公子の尻尾をなんとかカメラに収めたいと言ってから早2年、またもや同じ友人と「クサハゼ狙い」に行ってまいりました。(だって賛同してくれるのがこの方だけしかいなくて・・・) そして1本のダイビングを丸ご ・・・

クマノミ

これが多くのダイバー・ノンダイバーをひっくるめて大人気のクマノミです。海中の絵を描かせるとイルカの次くらいに頻繁に出現します。まあ、住処がイソギンチャクと言うのがまたイヤラシクも絵になるのでしょうなあ。 ただその容貌とは ・・・

クマノミyg.

クマノミの幼魚の大きい図鑑写真(真横からの写真)をアップしていなかったので、今更ながら再アップです。 しかし、魚っていうのはなんでも幼魚の方が可愛らしいですね。色合いも含めて。(魚に限ってないか・・・)クマノミなんかは成 ・・・

クリアクリーナーシュリンプ

この写真の中にはクリアクリーナーシュリンプが2匹いるのがお分かりだろうか。 心霊写真の紹介みたいになりましたが、一匹はウツボの手前の岩の上にいるのと、もう一匹はウツボの右目の上にいます。 名前の通り、他の生物の体から微生 ・・・

ソメンヤドカリ

貝殻にイソギンチャクをつけるという変わった習性をもつヤドカリです。 ソメンヤドカリが身にまとうイソギンチャクというのは、どうも決まっているらしくベニヒモイソギンチャクというものらしいです。これを上手に2本のハサミでチョキ ・・・

ダテハゼ

どこでも見かけるダテハゼですが、じっくり見ると背びれに青い点とかが入っていてなかなか綺麗でないかと。 綺麗は言いすぎかと思いますが、どんなヤツにもいいところは必ずあるんです。と、今の小学校の教師みたいになってみる。。。 ・・・

ダテハゼyg.

ダテハゼのチビスケです。ちっちゃい時は目が黒いのかと思っていましたが、別にそうでもなさそうです。。。 もしや別種?とすこーし甘い期待もしましたが、ほぼダテハゼで問題ないと思います。メグロダテハゼとかであったら嬉しいかもし ・・・