タグ:「毒持ち」

45件の投稿があります。

アイゴ

ぜったい出席番号1番の魚・・・と思っていたのですが、アイアナゴって出席番号的に最強の魚がいました。深海魚らしいのでダイビングで見ることはまずないと思いますが。 ということで、ダイビングで良く見れる中では出席番号1番って微 ・・・

オオマルモンダコ

ヒョウモンダコと似たような風貌ですが、全てのブルーの模様がリング状になっているのが見分けるポイントです。ただ猛毒を持っているのは変わりないので、とりあえず青い模様があるタコには触れるなって事ですね。毒は、口からものを入れ ・・・

オニオコゼ

食でオコゼと言えば、このオニオコゼのことを指すようです。 実際のオニオコゼはこの時初めて見ましたが、もっとジッとしていて、目立たない感じで潜んでいるのかと思いきや、メチャメチャ活発に動き回っていました。 まぁ動き回ると言 ・・・

オニカサゴ

オニカサゴは危険な魚とはわかっているのですが、このド迫力の顔面をどうしても覗き込みたくなる衝動に駆られます。毒の危険を冒してまで、鬼気迫る(オニカサゴだけに)この顔にどこまで寄れるかの男の勝負です。 余談ですが、寄ってい ・・・

オニカサゴyg.

潜水前にガイドからボロカサゴの幼魚がいるかもしれないと言われてたので、明らかに違うだろうなと思いつつも、そうだった時のことを考えてがむしゃらに撮ってました、オニカサゴの幼魚を。。。 将来、高い壷とか買わないように気をつけ ・・・

オニヒトデ

ヒトデといえば、普通は星型のちょっと可愛い感じのものを想像したりしますが、この写真の中のトゲトゲしいヤツも立派なヒトデです。この棘には毒が合って刺されると腫れ上がって大変痛いらしく手は出さないのが無難です。 で、オニヒト ・・・

カサゴ

カサゴって本当に海の中では動かない(昼間は特に)のでどこまでカメラで寄れるか選手権を一人で繰り広げていたのですが、この写真の距離くらいまでは余裕で寄れますね。 流石にハイスピードで寄っていくと逃げてしまいますが、徐々に寄 ・・・

キタマクラ

ダイビング初日。それまで海水浴しか知らなかった私は、ビーチエントリーで魚が見れるとは正直思っていませんでした。それが海に入った途端「ふ、ふぐがいる~!!!」と感動したのは今でも覚えています。ソラスズメとともに私をアンダー ・・・

キハッソク

コンデジの天敵、黄色い魚の代表格のキハッソクです。 ホームグラウンドの伊豆などでもたまに見かけるのですが、警戒心が強く、そこそこ動き回るので一定以上に距離が縮められず、光届かず、写真ボケる、みたいな4連コンボをかましてき ・・・

キリンミノ

海中では、赤色は光が届かないと真っ先になくなる色のため、普通では真っ赤な魚はあまり見れません。深海魚なんかは、クルマダイのように真っ赤な魚でも真っ黒になってしまうわけです。もちろん赤毛のアンも水中深くに沈めれば、立派な自 ・・・

キリンミノyg.

キリンミノカサゴ・・・じゃなかったキリンミノの幼魚です。大きさ5cm位だったでしょうかね?とにかく可愛いかったのを覚えてます。 なんだろ、この目が可愛いのかな?ウルウルしてて。 チワワと命名しよう!(いや、キリンミノだっ ・・・

コクチフサカサゴ

コクチフサカサゴかフサカサゴ見分け方、第3ラウンド。 先日コクチフサカサゴの方がフサカサゴよりも浅いところに生息しているとのことで、ざっくりは3~40m以深だったらフサカサゴで良いかなとか思っていたところ、この写真の奴が ・・・

コクテンフグ

コクテンフグを見て「あ、パンダだ」って思いました。目の周りが黒いと、多少ブサイクでもちょっと愛嬌がでて可愛くなりますね。 とは言っても人間はもちろん例外です。可愛いというより不気味です。怖いです。人食い人種みたいで食われ ・・・

ゴマフキンチャクフグ

この名前はある人から教えてもらったのですが、検索にもあまり引っかからないですし、もしかしたら一部の俗称でメジャーでないのかもしれません(ちなみに私の持っている図鑑にはキタマクラ属の一種で載っていました)。 水深も結構深め ・・・

ゴンズイ

海の中で一番初めに毒の持った魚と出会ったのがゴンズイだったと思います。一緒に潜った先輩に危険サインを出されて必要以上にビビッていたのを覚えています。 何よりも、ゴンズイはいつもこの写真のように集団で海底をウニャウニャウニ ・・・

サツマカサゴ

長年大瀬でサツマカサゴを見てきていますが、2匹(ペア?)いるのを見るのは初めてでした。だいたい一匹狼的に(魚だけど)いるイメージだったのですが。 恐らく大瀬湾内で繁殖はしているでしょうから、オスメスが一緒になるのは何ら不 ・・・

サツマカサゴの一種

多分サツマカサゴのような気がしないでもないんですが、よくよく見ると口元とかがっぽくなかったり、海外だから似たような種類で別種のような気がするので、一種って感じであやふやにしました。(文章もあやふや) この画像を色々な角度 ・・・

シボリキンチャクフグ

シボリキンチャクフグって、体の構造の割りにすばやく動くような気がします。シボリキンチャクフグに限らず、キンチャクフグの仲間全般に言えることなんでしょうけど。 鰭(ヒレ)をピコピコしている姿は本当に情けないのですが、なぜか ・・・

シマウミスズメ

かなり小さい固体でしたので、なぜかコンゴウフグと間違えて撮影していました。下のところにも書いたとおり、シマウミスズメの分別情報なんて海中じゃすっ飛んでしまっているので。。。 それにしても下の写真のヤツといい、撮影日が丸1 ・・・

シマキンチャクフグ

ノコギリハギに擬態されているという悲劇の魚ですが、フグの中でもキタマクラと同じくらい愛嬌がある魚でとても毒を持っている恐ろしいやつには見えません。 でも、改めて考えてみましても、キタマクラにしろ、シマキンチャクフグにしろ ・・・