フサカサゴ科

27件の投稿があります。

イソカサゴ

どこにでもいるし、良く見かけてログにも特に書かないけど実は正確な名前を知らなかった魚って結構います。イソカサゴもそんな魚のひとつで ・・・

オニカサゴ

オニカサゴは危険な魚とはわかっているのですが、このド迫力の顔面をどうしても覗き込みたくなる衝動に駆られます。毒の危険を冒してまで、 ・・・

オニカサゴyg.

潜水前にガイドからボロカサゴの幼魚がいるかもしれないと言われてたので、明らかに違うだろうなと思いつつも、そうだった時のことを考えて ・・・

カサゴ

煮付けにして良し、味噌汁にして良し、食って良し、だしにして良しと食卓で(のみ)大活躍なカサゴですが、海の中ではあまりにも地味すぎて ・・・

キリンミノ

海中では、赤色は光が届かないと真っ先になくなる色のため、普通では真っ赤な魚はあまり見れません。深海魚なんかは、クルマダイのように真 ・・・

キリンミノyg.

キリンミノカサゴ・・・じゃなかったキリンミノの幼魚です。大きさ5cm位だったでしょうかね?とにかく可愛いかったのを覚えてます。 な ・・・

コクチフサカサゴ

コクチフサカサゴとフサカサゴと言う魚がいまして、どちらもかなり似ているのですが、コクチフサカサゴの方が①口が小さい(目玉の位置より ・・・

サツマカサゴ

↓のサツマカサゴの写真から丸2年以上経っているのですが、色合いやゴミの付き方の差こそあれ、尻尾のあたりや顔つきといい全くの同一固体 ・・・

サツマカサゴの一種

多分サツマカサゴのような気がしないでもないんですが、よくよく見ると口元とかがっぽくなかったり、海外だから似たような種類で別種のよう ・・・

シマヒメヤマノカミ

たんなるハナミノカサゴぐらいだろうと思っていたのですが、友人がヤマノカミなるというミノカサゴに似た生き物がいると教えられ過去撮った ・・・

セトミノカサゴ

普段見ているミノカサゴとかなり違う種類だよなという勘が働き、家に帰って図鑑を翻してみると、やはり違った種類の魚でした。すごいなぁ、 ・・・

セトミノカサゴyg.

体長10センチくらいなので、まだ小さい子供のうちだと思います。セトミノカサゴの成魚の写真ではわからないですが、尾びれがピーンと伸び ・・・

セムシカサゴ

なんだサツマカサゴじゃんと思って撮影したのですが、ふと「サツマカサゴだよな?でもなんだかちょっと口元がへんだな。」と図鑑を引っ張り ・・・

トゴットメバル

結構深くにいるメバルです。 深場で窒素が回っている状態だと、珍しいハナダイかな?と思わせてしまうぐらいの厄介なヤツです。まぁ、かっ ・・・

ネッタイフサカサゴ

完全にイソカサゴだとばかり思っていたら、たまたま見かけたどこかのサイトで、角のあるイソカサゴっぽいのが別種だと言うことを知って、い ・・・

ネッタイミノカサゴ

数種あるミノカサゴのうちで他の人が見ている割には見ていないのがネッタイミノカサゴです。相性が悪いのでしょうか? いや実際相性ってい ・・・

ネッタイミノカサゴyg.

ネッタイミノカサゴの幼魚です。幼魚も乙姫様みたいです。ミノカサゴの類は、成魚に関してはずっと泳いでいるというイメージなんですが、こ ・・・

ハダカハオコゼ

伊豆の黄金崎と言うポイントで見たのですが、伊豆で見たのはコレが初めてでした。結構南の島とかで見ていたのでそれほどの感動はなかったの ・・・

ハナミノカサゴ

ミノカサゴとハナミノカサゴの区別は刺(とげ)が何本・鰭(ひれ)が何枚と言った感じで学術的に違いがあるらしいのですが、海中じゃ普通そ ・・・

ヒッポスコルパエナ・フィラメントサ

2007年年末、大瀬崎を大きくにぎわせていた生物がいました。それが、この学名「ヒッポスコルパエナ・フィラメントサ」ローマ字で書くと ・・・
スポンサーリンク