カサゴ・メバルの仲間

35件の投稿があります。

アサヒアナハゼ

カジカ属の魚(特に伊豆で見やすいアナハゼの仲間)は、動かない・獰猛な面構え・幾何学的な模様と個人的には絶好の被写体と密かに思っているのですが、何故か賛同者が一人もいない状況です。 多分ネックになっているのがアナハゼの見分 ・・・

アナハゼ

写真を撮っている時は知らなくて気にしていなかったのですが、後でいろいろ調べてみるとアナハゼって魚のクセに生殖突起(俗に言うチン○)があるそうです。 そういう情報を手に入れると、気持ちいいとかあるのかな?とかオ○ニーとかす ・・・

イソカサゴ

どこにでもいるし、良く見かけてログにも特に書かないけど実は正確な名前を知らなかった魚って結構います。イソカサゴもそんな魚のひとつでした。 この日、写真のイソカサゴはあんまり動かなくて、写真の撮りやすい所にいたので、 「地 ・・・

オニオコゼ

食でオコゼと言えば、このオニオコゼのことを指すようです。 実際のオニオコゼはこの時初めて見ましたが、もっとジッとしていて、目立たない感じで潜んでいるのかと思いきや、メチャメチャ活発に動き回っていました。 まぁ動き回ると言 ・・・

オニカサゴ

オニカサゴは危険な魚とはわかっているのですが、このド迫力の顔面をどうしても覗き込みたくなる衝動に駆られます。毒の危険を冒してまで、鬼気迫る(オニカサゴだけに)この顔にどこまで寄れるかの男の勝負です。 余談ですが、寄ってい ・・・

オニカサゴyg.

潜水前にガイドからボロカサゴの幼魚がいるかもしれないと言われてたので、明らかに違うだろうなと思いつつも、そうだった時のことを考えてがむしゃらに撮ってました、オニカサゴの幼魚を。。。 将来、高い壷とか買わないように気をつけ ・・・

オビアナハゼ

オビアナハゼはそこそこ自由に動き回るし、そんなにスピードがトロくさい魚でもないんですが、相性がいいのかピントが良く合います。ピントが合うことに喜んでいては何の進展もないのですが。。 そしていつものごとく何もいじることがで ・・・

カサゴ

カサゴって本当に海の中では動かない(昼間は特に)のでどこまでカメラで寄れるか選手権を一人で繰り広げていたのですが、この写真の距離くらいまでは余裕で寄れますね。 流石にハイスピードで寄っていくと逃げてしまいますが、徐々に寄 ・・・

キリンミノ

海中では、赤色は光が届かないと真っ先になくなる色のため、普通では真っ赤な魚はあまり見れません。深海魚なんかは、クルマダイのように真っ赤な魚でも真っ黒になってしまうわけです。もちろん赤毛のアンも水中深くに沈めれば、立派な自 ・・・

キリンミノyg.

キリンミノカサゴ・・・じゃなかったキリンミノの幼魚です。大きさ5cm位だったでしょうかね?とにかく可愛いかったのを覚えてます。 なんだろ、この目が可愛いのかな?ウルウルしてて。 チワワと命名しよう!(いや、キリンミノだっ ・・・

コクチフサカサゴ

コクチフサカサゴかフサカサゴ見分け方、第3ラウンド。 先日コクチフサカサゴの方がフサカサゴよりも浅いところに生息しているとのことで、ざっくりは3~40m以深だったらフサカサゴで良いかなとか思っていたところ、この写真の奴が ・・・

サツマカサゴ

長年大瀬でサツマカサゴを見てきていますが、2匹(ペア?)いるのを見るのは初めてでした。だいたい一匹狼的に(魚だけど)いるイメージだったのですが。 恐らく大瀬湾内で繁殖はしているでしょうから、オスメスが一緒になるのは何ら不 ・・・

サツマカサゴの一種

多分サツマカサゴのような気がしないでもないんですが、よくよく見ると口元とかがっぽくなかったり、海外だから似たような種類で別種のような気がするので、一種って感じであやふやにしました。(文章もあやふや) この画像を色々な角度 ・・・

シマヒメヤマノカミ

たんなるハナミノカサゴぐらいだろうと思っていたのですが、友人がヤマノカミなるというミノカサゴに似た生き物がいると教えられ過去撮った写真を調べていたらいました。違いは胸ビレの膜が切れ込んでいないことだそうで。それにしても、 ・・・

セトミノカサゴ

普段見ているミノカサゴとかなり違う種類だよなという勘が働き、家に帰って図鑑を翻してみると、やはり違った種類の魚でした。すごいなぁ、私の勘。(あまり自慢したくない勘でもありますが・・・) theミノカサゴと比べて、背びれが ・・・

セトミノカサゴyg.

体長10センチくらいなので、まだ小さい子供のうちだと思います。セトミノカサゴの成魚の写真ではわからないですが、尾びれがピーンと伸びて、結構派手ではあります。背鰭はモヒカンそのものだし。 でもセトミノカサゴは、他のミノカサ ・・・

セムシカサゴ

なんだサツマカサゴじゃんと思って撮影したのですが、ふと「サツマカサゴだよな?でもなんだかちょっと口元がへんだな。」と図鑑を引っ張り出したところこの名前がありました。サツマカサゴとの違いは胸ビレ内側の模様の違いとか書いてま ・・・

ダルマオコゼ

世の中に2頭身の生物っているんだなと思わせた魚です。 2頭身って奇面組という漫画でしか見たことが無かったですが、ダルマオコゼを見たとき「うぉ2頭身の生物が存在するんだ!!」って違う意味で興奮した覚えがあります。 顔デカす ・・・

トゴットメバル

結構深くにいるメバルです。 深場で窒素が回っている状態だと、珍しいハナダイかな?と思わせてしまうぐらいの厄介なヤツです。まぁ、かってに間違えられて厄介がられているトゴットメバルにとってはいい迷惑なんですが。 今回のこの写 ・・・

ネッタイフサカサゴ

完全にイソカサゴだとばかり思っていたら、たまたま見かけたどこかのサイトで、角のあるイソカサゴっぽいのが別種だと言うことを知って、いろいろ自分の写真を見ていたらたまたまありました。 しかも、ここからがややこしく、口の横あた ・・・