タグ:「穴の中」

43件の投稿があります。

イセエビ

日本には、イセエビの種類がカノコイセエビ、シマイセエビ、ゴシキエビ、ニシキエビなど10種類近くいるらしいのですが、沖縄以外で見れる大抵のヤツがイセエビらしいです。かなり高級な割りに海では結構見ます。まあ味は絶品ですが。 ・・・

イソギンポ

穴から顔出しにらめっこ系のなかで、イソギンポはどちらかと言うと可愛くないなと思ってしまいます。 鼻の下がビローンと伸びきっている辺りとか、仏頂面なあたりとか、なんとなく愛らしさが無いです。 でも、そんなに可愛くは無いので ・・・

イタチウオ

イチチウオを始めてみた時「なまずがいるよっ!!!」とおもいました。一般人の私にとって、この風貌で最もなじみのある魚が、ナマズだったのです。ダイビング中、イタチウオを見てそう思った人は案外多いのではないでしょうか? しかし ・・・

イチモンジハゼ

前回↓で「横から撮ってみたいなぁ」ことを書いていましたが、正直なところイチモンジハゼなんて穴から出てくるような生き物、そんなやつじゃないよなと思っていました。 しかし、そんなある日の伊豆海洋公園、 「そんなやつ、いた!w ・・・

イロカエルアンコウ

私もカエルアンコウの魅力にひきつけられた数多いダイバーの一人であります。どこに魅力を感じるのかというは、魚自体の造形とか綺麗さではなく、見つけ出すこと&見つけ出した時の自分に酔えるからです。 上手に擬態して隠れているのを ・・・

ウツボ

前回アップした↓のウツボは真正面からの写真で、ほぼ全てのダイバーが知っている姿だとは思いますが、一応スマートな横顔も載せておこうと思います。 クリーニングされているとか、全身あらわにして不思議なポーズ決めているとかではな ・・・

ウツボの一種

海の中でこいつを見た時は、結構デカイ・色合いがtheウツボと違う(茶色っぽい)ということで、図鑑に載っていたドクウツボとかゴマウツボとかその辺じゃないかなと、うっすらとした記憶を頼りに撮っておいたのですが、ドクウツボとか ・・・

オウゴンニジギンポ

オウゴンニジギンポに特徴って、目の後ろに黒い線がビヨ~ンと入っているのが有名ですが(ビヨ~ンかどうかはさておき・・・)、こちらの写真の奴はそれが見当たらないんですよね。 写真自体を引き延ばしているので画像が粗いって理由も ・・・

オオメハゼ

名前からすると大きな目が特徴なのかなと思っていたのですが、学術的にはいっさい目の事には触れられておらず「胸鰭の付け根に2つの赤い斑紋があることが特徴」といった目とはかけ離れたところに焦点が言っていました(笑) 確かに目の ・・・

オシャレカクレエビ

でたなっ、バルタン星人っ!!!とおもわず叫びたくなるような、非常に特徴のある顔をもったエビです。とくに、目のぐにょ~ん具合が、なんともいえません。バルタン星人よりも、ウルトラセブンに変身する時のメガネに似てるなあ、とも今 ・・・

オトヒメエビ

オトヒメエビはヒゲが長く、その長さは体長以上の長さがあることも。ということで、ヒゲの先端まで全て写真の中に入れようとすると、肝心の本体がえらく小っちゃくなってしまいます。かといって、本体に迫りすぎても、その迫力が半減して ・・・

カエルアマダイ

伊豆で初めてカエルアマダイ(ジョーフィッシュ)を見ました。遠い噂では伊豆にもいると言うことは聞いてはいたのですが、まさか会える日が来るとは! 全然そんな感動とは別の話しになるのですが、仮にジョーフィッシュが狭い範囲に何匹 ・・・

カエルアンコウ

真っ黒のカエルアンコウは初めて見ました。まあ、真っ黒は撮りにくいですね。目もドコにあるかわからないですし。 頭の上の砂利をどうにかしたかったですが、手であおぐと吹っ飛んでいきそうですし、かといってレギュを外して口で吹くの ・・・

カモハラギンポ

カモハラギンポは、柏島に来て始めて見た魚なんですが、尻尾がフォークみたいで、とても好きになりました。ただむかつくことに、普段はひょろひょろとやる気なさげに泳いでるのですが、ちょっとカメラを構えるとびゅーんと信じられない速 ・・・

キビレマツカサ

尾鰭(おひれ)・背鰭(せびれ)・腹鰭(はらびれ)が黄色いので、このような名前になったようです(単純ですが・・・)。この鰭が黄色いのは結構レアなようです。なんでもこの八丈島とか小笠原近辺にしかいないとかなんとか。。。 ただ ・・・

クロイシモチ

始め見たときは、 「シーラカンスの幼魚だ~!!」 と少しだけ思ったのですが、少なくとも深海魚系のちょっとレアなヤツだと思い込んでいました。 しかしガイドさんから聞いたところクロイシモチだったのです!!!イシモチということ ・・・

コケウツボ

特徴的なのがこの口でして、図鑑にも「湾曲して閉じられないのが大きな特徴」と書かれています。閉じられない口ってどれだけ間抜けなんでしょうか。。。小さなものを食べると口からポロポロ落ちるわけですよね。 う~む進化とは時に良く ・・・

コケギンポ

「穴から顔出しにらめっこ系」の代表格といってもいいでしょう。「にらめっこの中のにらめっこ」。”the KING of 穴から顔以下略”の称号を与えます。 頭の通称モヒカンと呼ばれるフサフサが、この写真の奴は特に立派でした ・・・

サラサエビ

サラサエビは、伊豆のダイバー生息地では最大派閥を作っているだろうエビだと思うのですが、今までそのあまりにもの数の多さと目に付き具合で、撮影をしてみることさえありませんでした。 しかし近年、新ネタに尽きてきた感がある当サイ ・・・

シズミイソコケギンポ

穴から顔出しにらめっこ系の種類分類は、私の中では非常に難しいものとなっています。てゆうか全くわかりません。 「頭のフサフサが多かったらトウシマコケギンポにでもしておくか」程度です。だって、見分けつけるのって、体の部分で判 ・・・