タグ:「群れ」

48件の投稿があります。

アオヤガラ

世にも奇妙な形をした、この竹やりのようなスリム~な魚(一応)、それがアオヤガラです。一般的には食卓にも上がらないし、ほとんどお目にかかることがない魚だと思いますが、ダイビングをしてると結構見かけます。 普段は2~3固体で ・・・

アオリイカ

夏前の伊豆海洋公園では、この写真のように木の枝をダイビングポイントに落として、アオリイカの産卵床を用意しています。 運が良いとその産卵床に無数のアオリイカが産卵に訪れてきます。 で、この時はちょうどその運を引き寄せた時で ・・・

アカモンガラ

アカモンガラって割に、全然赤くないし、どちらかというと全身真っ黒なんでクロモンガラに勝手に名前を変えてやろうかしらと思ったら、クロモンガラっていう別種がいました。。。 「何が赤いのか」って問い詰めたところ(だれに?)歯が ・・・

イサキyg.

雲見で見たイサキです。 イサキの群れって、海中の真っただ中をガシガシ泳いでいる印象でしたが、雲見のイサキはこうやって根の岩肌を沿うように泳いでいました。 根の地形に守らているせいか、動きも緩慢で、海中をガシガシ泳ぐイサキ ・・・

オニカマス

和名でオニカマス、通称バラクーダって言われています。一匹一匹が1m級の非常に大きなカマスですが、そいつがこの写真のように壁のように群れることがあります。 それを見たときは、すごい圧巻でした。ダイバーのパーティなんて寂しく ・・・

カゴカキダイ

群れは無理なので、一匹だけにフォーカスして撮影してみました。フォーカスしてみて分かったことですが、笑っているんですね。。。 口とは違う(模様だと思う)のですが、ニヒルに笑っているようにしか見えないです。 撮影日:2001 ・・・

カシワハナダイ

八丈島のナズマドというポイントでカシワハナダイがぐっちゃりと群れてました。「ぐっちゃり」という表現がここまで似合う時ってのも少ないですね。阪神優勝した時の道頓堀くらいぐっちゃりでした。 そのぐっちゃりの中で、少し深場だっ ・・・

カスミチョウチョウウオ

ちょっと中にハタタテダイも混じっていますが(マダラタルミらしきものも)この写真の中で圧倒的な比率を誇っているのがカスミチョウチョウウオです。 深いブルーの中で数百匹のカスミチョウチョウウオの群れを見るのは結構感動的なので ・・・

カンパチ

刺身で出されると、イマイチ分かりにくいカンパチとハマチ(ブリの子)ですが、ダイビングでは目のところに上から見て「八の字」の模様がはいっているので、一目でわかります。 普段はギンピカリンの身体を震わせて猛スピードで走り去っ ・・・

キビナゴ

海中にいる魚としては、食物連鎖の最底辺にいる魚です。よくブリとかカンパチとかの糧になっています。キビナゴのお陰で、ブリとかカンパチとかのような美味しい魚が育つのであれば、人間的にはOKと思っていたのですが、このキビナゴ自 ・・・

ギンガメアジ

トルネ~ド~ 久しぶりにフォントサイズ300%で表現してみました。ギンガメアジの習性だと思うのですが、群れると渦を巻きます。遠くから見ると黒っぽいもやみたいな影が現れ、近づいてみると全部ギンガメアジでした。その数は圧巻そ ・・・

キンギョハナダイ

キンギョハナダイって、場所によってあんまり動かないキンギョハナダイと、死ぬほど動き回るキンギョハナダイがいますよね。 ここ海洋公園2の根のキンギョハナダイは、動く動く動く。それはもう自分の縄張りを縦横無尽にドヒュンドヒュ ・・・

キンメモドキ

だいたいこの写真のように穴の中とかでぐっちゃりと群れでいることが多い魚だと思います。一匹で見たことがありません。 ぐわぁと網で確保したくなる気持ちは良くわかります。余さず捕まえられたら快感でしょう。 漁でメインではないに ・・・

クマザサハナムロ

もうちょっと色が出てもいいかなと思いつつ、これが限界とも知りつつ。南の島々で潜れば、なかなか良い群れを作って回遊しているのを見受けられます。そしてとても速いので、撮りにくいというのも感じられます。 こういう魚の群れをバシ ・・・

クロホシイシモチyg.

おそらくクロホシイシモチの幼魚なんだと思います。真っ透明で、個人的には何の識別も出来ず、ただ、この撮影した辺りで群れている透明な幼魚といったらクロホシイシモチぐらいだそうで、消去法的に決めてしまいました。 クロホシイシモ ・・・

クロメジナ

伊豆で良く見ていたメジナという種とは別種ということです。メジナ自体は、ひっじょ~に地味で、留まることもないのでまだ撮影しようとも思っていないところなんですが、このクロメジナと別種ということで、若干の(本当に若干の)興味を ・・・

コガシラベラ

八丈島の水深7~8mのところで、沢山のコガシラベラが集まって産卵活動をしていました。 全く昼間っからパンパンパンパン子づくりしております。魚だから神秘的な活動に見れるものの、これが人間だったら一大ニュースですからね。 と ・・・

ゴンズイ

海の中で一番初めに毒の持った魚と出会ったのがゴンズイだったと思います。一緒に潜った先輩に危険サインを出されて必要以上にビビッていたのを覚えています。 何よりも、ゴンズイはいつもこの写真のように集団で海底をウニャウニャウニ ・・・

サツキハゼ

はい、正直言って適当に撮ったらどれか一匹くらいピント合うだろうと、あまりにも愛が無さすぎる被写体の魚でございます。。 この地味すぎる魚の名前はサツキハゼ。今まで見たことも聞いたこともない魚で、撮影した大村湾にはぐっちゃり ・・・

シンジュアナゴ

7年ぶりの八丈島で再びシンジュアナゴの絨毯を見てきました。 相変わらずの阿鼻叫喚ぶりではありましたが、今回はもう少し寄ってみました。 とは言っても限界はありまして、写真のように手前にいるシンジュアナゴほど身の出ている部分 ・・・