エソ・コチ・ネズッポの仲間

23件の投稿があります。

アカエソ

だいぶマルマルと姿が砂より浮き出てしまっていますが、もうちょい隠れていたら「メガネウオ?」みたいに騙される時もあったりします。 そして気が付いたのですが、体上部が青っぽいからミナミアカエソかもしれませんが、光の加減だと思 ・・・

アンコウウバウオ

非常に写真だとわかりづらいのですが、中央にいる黒っぽいにょるっとしているのがアンコウウバウオです。左を向いていて頭の部分が白いのがアンコウウバウオの特徴だそうです。 ハシナガウバウオに比べて、ウバウオっぽいフォルムと動き ・・・

イネゴチ

コチの中で、このイネゴチはなかなか見ない種類かと思います。どこにもイネ~ゴチなんてことは口が裂けてもリアル世界では言えたものではないので、ここで言わさせてもらいます。大様の耳はロバの耳的な発想です。このサイトはボツダジャ ・・・

オキエソ

今更ながら、こんな普通種をまだアップしていなかったとは。。。伊豆では少し泥っぽいところには必ずといって良いほどいるヤツです。メチャメチャ獰猛なヤツで、10回に1回くらいの割合で、何かを捕食しているシーンに出会えます。色々 ・・・

オニゴチ

↓の写真では、頭が白いからオニゴチってのたまわっていましたが「眼の下の虹彩皮弁が2山」で頭が白くないのも見たので記念撮影。 しっかし砂地に溶け込んでいるから顔の輪郭のわかりにくさはピカ一です。顔が砂地に溶け込んでいみたい ・・・

コウワンテグリ

若干?ハレーション起きた写真ですが、何かしらの欠点があるのはいつものことなので(おいっ)置いておきまして、違いを正確に指摘するのが難しいテグリの一種です。 学術的にはヤマドリやミヤケテグリやセソコテグリとの違いが細かくあ ・・・

コブヌメリ

伊豆の砂地で地べたを這いずり回っていると、そこそこ見かけるやつです。上から見ているとコブヌメリが動かない限りなかなか目に留まらないです。まあ目に止まった所で注目する度合いもかなり低いですけれども。。 ところで私は、本質が ・・・

チビヌメリ

例によって例のごとくネズッポ見分け方というマニアックなページ(非常に残念ながら閉鎖されていました。魚拓とっておけばよかった。)を参考にして、同定を試みたところ、 「雄の第一背鰭棘は糸状でない」←この写真では分かりにくいで ・・・

テグリの一種

いろいろ調べて、たぶんネズッポ系の魚だとは思うのですが、ミヤケテグリやコウワンテグリとも違うし体側の模様などはヒメテグリのようでもありますが、あんなに小さくも無く(5~6cm位はあったかと)。 で、「なんなのかね?」と色 ・・・

トカゲエソ

図鑑では良く見ていて、長年追い求めていのがようやくお目にかかることが出来ました。トカゲエソ。コイツを見たら絶対正面から撮ってやろうと思っていました。 だって正面からの顔がオバQにソックリだから。 初め見つけたときは、砂に ・・・

ニシキテグリ

ダイビングを始めて魚図鑑とかにのめりこみ始めた頃から、私の中で3大美魚(サンダイビギョ)というランクの魚がいまして、一匹はキシマハナダイ(未だ見たことなし)、一匹は白いニシキフウライウオ、そして最後の一匹がこのニシキテグ ・・・

ネズミゴチ

非常に遠巻きで不鮮明な映像でごめんなさい。たぶんネズミゴチかと思います。このネズミゴチもヨメゴチと同様に大瀬崎でしか見たことがない魚と言う概念を覆してくれた魚です。 ただヨメゴチと違うところは、とっても臆病と言うところで ・・・

ハシナガウバウオ

前回「イタリア人?」みたいなことを書いていましたが、新幹線にも見えてきますね。 シュっとしているというか(擬音語多いなぁ) 本当は尾ひれまでしっかり真横から撮りたい気持ちがあるのですが、ハシナガウバウオの泳ぎ方ってなかな ・・・

ヒトスジエソ

本家アカエソかもしれないですが(何をもって本家かは置いておいて)、特徴的には体の側面に褐色のスジが一本通っているというのが特徴らしく、ただ魚類写真資料データベースのどのサンプル画像を見てもビシッと一本堂々と線が入っている ・・・

ヒメテグリ

いやなんていいましょうか。ほんと小さいんですよ、ヒメテグリ。マジでハナクソ(あら、お下品)。 岩の上を手の平でさぁーっとなでるとピョコンとハナクソが跳ねるんで、よくよく目を凝らして見るとこんなヤツがいるんです。と言いまし ・・・

ホシノエソ

エソの種類はいままで見分けたことがなかったのですが、このエラの黒い点が見分ける手段らしいです。 ただ、この写真のホシノエソを確認してから伊豆では見てないような気もします。レアなんでしょうか? まあ、その前に海中でエソを見 ・・・

ホタテエソ

水深45メートルで見たホタテエソです。 前々から見たいと思っていたのですが、結構深場にいました。伊豆海洋公園の2の根というポイントの先でハナダイ探しをしている時に、ふと足元にいるのが見えて私はまっしぐら、友人は見向きもし ・・・

マゴチ

こんな風貌しているマゴチですが、立派な高級魚だそうです。めったに一般の魚屋には出回らないそうです(でもスーパーイシカワにはありそう・・・)。 ということで、マゴチは最近の流行り言葉で言うなればセレブっていうのでしょうか。 ・・・

ミナミアカエソ

プロアマ含めて、同定にめっちゃ苦労しているエソの仲間ですが、特にこのミナミアカエソとアカエソ、そしてヒトスジエソは同定ポイントがわかりずらい。図鑑も逃げているような書き方だったりしますし。 そして地味だからあえて触れよう ・・・

ミヤケテグリ

三宅島で見つけれらたから、ミヤケテグリ。バス停の名前くらい安直な名前ですが、まあ、致し方ないです。見つけたのもグアムなので、なんだかもうという感じではありますが。。。別に三宅でなくても結構どこでも見れます。 私の名前もト ・・・